旧村川別荘

旧村川別荘旧村川別荘は、千葉県我孫子市の、JR常磐線・成田線の我孫子駅より南東へ徒歩21分の地に公開されている、学者の旧別荘。
東京に居住する村川堅固(1875-1946年)とその息子の村川堅太郎(1907-1991年)が営んだ別荘。親子はともに西洋史学者で、また我孫子は近代には別荘地であった。
大正6年に敷地を購入後、斜面を切り開いた庭園に、我孫子本陣から母屋を移築し、新館を新築した。現在は市が保有し一般公開している。

上の門から家屋へと下る小道
旧村川別荘

門は斜面の上と下にあり、駅からは上の方が行きやすい。

母屋
旧村川別荘

母屋は大正10年に我孫子宿本陣の離れ(江戸時代の築)を移築。

新館
旧村川別荘

新館は昭和3年築。

下の門
旧村川別荘

村川家は本邸を東京都の現・文京区に構えた。明治44年築の邸宅は現在、村川家住宅として文京区指定文化財となっている。

旧村川別荘
時間:9-16時 料金:無料 休館日:月(祝なら翌日)・年末年始
千葉県我孫子市寿2-27-9 地図
アクセス:JR常磐線・成田線 我孫子駅より徒歩21分

我孫子駅から旧村川別荘に至る途中には杉村楚人冠記念館などがある。

杉村楚人冠記念館
スポットガイド
杉村楚人冠記念館 | 千葉県我孫子市
戦前の看板記者の旧宅