杉村楚人冠記念館

杉村楚人冠記念館杉村楚人冠記念館は、千葉県我孫子市の、JR常磐線・成田線の我孫子駅より南東へ徒歩9分の地に公開されている、杉村楚人冠の旧邸。
杉村楚人冠(すぎむらそじんかん、本名・杉村廣太郎、1872-1945年)は、明治末期から昭和初期に活躍した東京朝日新聞の看板記者。
楚人冠は明治45年に当地に別荘を構えたが、大正12年の関東大震災を機に転居し、文化交流を行った。建物は4棟が市の文化財に指定されている。

母屋
杉村楚人冠記念館
杉村楚人冠記念館

和洋折衷の母屋は大正13年築。我孫子市指定文化財。

澤の家
杉村楚人冠記念館

「澤の家」は大正11年築。転入後は楚人冠の母が住んだ。我孫子市指定文化財。

茶室
杉村楚人冠記念館

茶室も我孫子市指定文化財。

杉村楚人冠記念館

蔵も我孫子市指定文化財。

庭園
杉村楚人冠記念館
杉村楚人冠記念館
杉村楚人冠記念館
時間:9:00-16:30 料金:300円 休館日:月(祝なら翌日)・年末年始
千葉県我孫子市緑2-5-5 地図
アクセス:JR常磐線・成田線 我孫子駅より徒歩9分

杉村楚人冠記念館から更に東に向かうと旧村川別荘などがある。

旧村川別荘
スポットガイド
旧村川別荘 | 千葉県我孫子市
斜面に造営された学者親子の別荘