龍神社

龍神社龍神社は、千葉県市川市の、京成本線の海神駅より南西へ徒歩5分の地に位置する、小規模な鎮守社。
創建年代は不詳。現在の祭神は海神である大綿津見命で、明治の神仏分離前は娑竭羅龍王を祀っていた。
壁面全面に多くの彫刻が施された本殿や、石造の龍がいる池がある。

鳥居
龍神社
拝殿
龍神社
本殿
龍神社

本殿は明治中期の建立。壁面全面には多くの彫刻が施されている。また屋根は漆喰も多用した重厚な瓦葺き。

神池
龍神社
龍神社

神池には石造の龍がいる。


明治維新時の神仏分離までは、近くの大覚院(船橋市海神6-1-9)が当社の別当寺であった。

龍神社
千葉県船橋市海神6-21-18 地図
アクセス:京成本線 海神駅より徒歩5分