葛飾八幡宮

葛飾八幡宮葛飾八幡宮は、千葉県市川市の、京成本線の京成八幡駅より東へ徒歩4分、またはJR総武線・都営新宿線の本八幡駅より北東へ徒歩6分の地に鎮座する鎮守社。
平安時代の寛平年間(889-898年)、宇多天皇の勅で京都の石清水八幡宮を勧請して下総国総鎮守八幡宮として鎮座。戦前の社格は県社であった。
別当寺の遺構である随神門や鐘楼が残るほか、国の天然記念物に指定されているイチョウの巨樹もある。

一ノ鳥居
葛飾八幡宮
二ノ鳥居
葛飾八幡宮
随神門
葛飾八幡宮

随神門は江戸後期築で市川市指定有形文化財。
かっては別当寺であった法漸寺の仁王門だったが、明治の神仏分離で当社の随神門となり随神(左大臣・右大臣)が収められた(仁王像は徳願寺に移された)。門の裏側には神馬像と四神像が収蔵されている。

徳願寺
スポットガイド
徳願寺 | 千葉県市川市
堂宇が並ぶ行徳の寺
神門
葛飾八幡宮
神門内
葛飾八幡宮
社殿
葛飾八幡宮

社殿は拝殿・幣殿・本殿を連結した権現造。大正2年築。

神楽殿
葛飾八幡宮
鐘楼
葛飾八幡宮

江戸期築の鐘楼もまた法漸寺の遺構。

厳島社
葛飾八幡宮
浅間社と富士塚
葛飾八幡宮
弓道場清明館
葛飾八幡宮
千本イチョウ
葛飾八幡宮

神木の千本イチョウ(千本公孫樹)は推定樹齢1200年。国指定天然記念物

千本イチョウのライトアップ
葛飾八幡宮

11月最終週頃の週末にはイチョウのライトアップが行われ、音楽が奏される。

宮神輿
葛飾八幡宮

宮神輿は3年毎の10月に催される八幡祭などで巡行する。

例大祭

葛飾八幡宮の例大祭はかっての放生会の伝統を次ぐもので、毎年9月15日~20日にかけて農具市(通称ぼろ市)も催される。また三年に一度、八幡祭と称して10月に宮神輿が渡御する。
このほか、33年に一度、三十三周年式年大祭が盛大に開催される。

三十三周年式年大祭(2017年)
葛飾八幡宮
葛飾八幡宮

下総国総鎮守

現在当社は下総国総鎮守を名乗っているが、当社蔵の1321年寄進の梵鐘(県文化財)には「大日本 東州下総 第一鎮守 葛餝八幡」の銘があり、また「下総州第一鎮守正八幡宮縁起」という名の縁起もあるように、葛飾八幡宮には古来から下総国総鎮守に類する名の尊称があったようだ。また明治以降の書籍には当社が下総国の「一国一社八幡宮」(全国的に分布する呼称)だとするものも散見される。
なお、『日本の神々 神社と聖地 第11巻』には当社が下総国一宮として崇敬されたと記されているが、他書でこのような記述を見かけたことはなく、第一鎮守=一宮だと拡大解釈しているように思える。

葛飾八幡宮 葛飾八幡宮HP
千葉県市川市八幡4-2-1 地図
アクセス:京成本線 京成八幡駅より徒歩4分/ JR総武線・都営新宿線 本八幡駅より徒歩6分