徳願寺

徳願寺徳願寺は、千葉県市川市の、東京メトロ東西線の妙典駅より北西へ徒歩7分の地に位置する、浄土宗の寺院。安土桃山時代の慶長5年(1600年)に普光院として創建され、同15年(1610年)に徳願寺と改めた。
市の文化財に指定されている山門、鐘楼、経蔵をはじめに堂宇は揃っており、境内は美しく整備されている。

表参道
徳願寺
山門
徳願寺

山門は江戸中期の1775年築。市川市指定有形文化財。山門に安置されている仁王像は葛飾八幡宮の随神門から移したもの。

葛飾八幡宮
スポットガイド
葛飾八幡宮 | 千葉県市川市
下総国総鎮守と称される有力社
山門内
徳願寺
本堂
徳願寺

本堂は大正15年築。

鐘楼
徳願寺

袴腰の鐘楼は1775年頃の築。市川市指定有形文化財。

経蔵
徳願寺

経蔵は明治20年築。市川市指定有形文化財。

八角輪蔵
徳願寺

経蔵に収められた八角輪蔵は、明治19年に市内の總寧寺より移築したもの。

観心堂
徳願寺
枯山水庭園
徳願寺
庫裏など
徳願寺
徳願寺
徳願寺
千葉県市川市本行徳5-22 地図
アクセス:東京メトロ東西線 妙典駅より徒歩7分