清瀧神社

清瀧神社清瀧神社は、千葉県浦安市の、東京メトロ東西線の浦安駅より南へ徒歩6分の地に位置する、浦安の鎮守。鎌倉時代初期の1196年に創建。
壁面全面に彫刻が施された市の文化財となっている本殿や富士塚、日本最初の水準測量の標石の一つなどがある。

社頭
清瀧神社
拝殿
清瀧神社

拝殿は明治29年築。

本殿
清瀧神社
清瀧神社

本殿は江戸後期の1855年築。壁面全面には多くの彫刻が施されている。浦安市指定有形文化財。

石門
清瀧神社

本殿の脇にある石門。このタイプの石門は大名一族の墓所で良く見かけるが、神社では珍しい。

富士塚
清瀧神社

富士塚は大正11年築造。

堀江水準標石
清瀧神社

堀江水準標石は、江戸川・利根川の水準測量に際して明治5年に設置された、日本最初の水準測量の標石の一つ。土木学会選奨土木遺産。


明治維新の神仏分離令までは、隣接する宝城院が当社の別当寺であった。

清瀧神社
千葉県浦安市堀江4-1-5 地図
アクセス:東京メトロ東西線 浦安駅より徒歩6分

近くには大蓮寺旧宇田川家住宅 & 旧大塚家住宅 & 旧濱野医院などがある。

大蓮寺
スポットガイド
大蓮寺 | 千葉県浦安市
大名屋敷門もある整った寺
旧宇田川家住宅
スポットガイド
旧宇田川家住宅 & 旧大塚家住宅 & 旧濱野医院 | 千葉県浦安市
漁村の古民家