東京の伝統行事

富岡八幡宮 刺又乗り富岡八幡宮は、東京都江東区の、東京メトロ東西線・都営大江戸線の門前仲町駅より東へ徒歩5分に位置する、深川南部の鎮守。また台場・豊洲・有明などの広大な埋立地も当社の氏子地域である。当社に関する詳細は富岡八幡宮の記事を参照。
当社では毎年1月7日に刺又乗りが奉納される。

富岡八幡宮
スポットガイド
富岡八幡宮 | 東京都江東区
深川八幡祭で知られる神社

富岡八幡宮 刺又乗り

富岡八幡宮では1月7日に梯子(はしご)乗りならぬ刺又(さすまた)乗りが奉納される。梯子乗りが奉納される寺社はそれほどは珍しくないが、刺又乗りは非常に珍しい。

纏振り
富岡八幡宮 刺又乗り
富岡八幡宮 刺又乗り

木遣や纏振りとともに進む巨大な刺又(刺股)。刺又は棒の先端にU字型の金具がついた、相手を取り押さえるための防犯用具であるが、刺又乗りに使用されるものは防犯には使えない重厚なもの。

富岡八幡宮 刺又乗り

拝殿前でしばし纏振りをしたあと・・・。

刺又乗り
富岡八幡宮 刺又乗り
富岡八幡宮 刺又乗り
富岡八幡宮 刺又乗り
富岡八幡宮 刺又乗り

刺又乗りが奉納される。

東京の寺社などで正月に梯子乗りが奉納されている所は実は結構ある。しかしその多くはネット上では告知されておらず、また現地でも事前告知のない所も多い。この刺又乗りもまた同様で、ネット上はもちろん、現地でも告知ビラは全く見かけなかった。

富岡八幡宮 富岡八幡宮HP
東京都江東区富岡1-20-3 地図
アクセス:東京メトロ東西線・都営大江戸線 門前仲町駅より徒歩5分
この場所周辺のエリアガイド富岡八幡宮の記事