東京の伝統行事

明治神宮 新嘗祭明治神宮は、東京都渋谷区のJR山手線原宿駅前にある、日本有数の大神社。明治天皇・皇后を記念する国家的モニュメントとして大正時代に創建され、戦前の社格は最上位の官幣大社に列し、現在は神社本庁の別表神社となっている。また秋の大祭には勅使の派遣がある勅祭社でもある。当社についての詳細は明治神宮の記事を参照。
明治神宮では、他の多くの神社と同様、11月23日の勤労感謝の日において新嘗祭が催される。そもそもこの「勤労感謝の日」というもの自体、戦前にあった祝日「新嘗祭」(秋の収穫を祝い翌年の豊穣を祈念する祭日)が戦後に形を変えたものである。

明治神宮 新嘗祭

明治神宮の新嘗祭においては、野菜で出来た宝船が10基前後、奉納展示される。野菜宝船は東京近郊の農業祭等でも作られるが、このように多くが集まるのは珍しい。

菊花展
明治神宮 新嘗祭

第二鳥居付近には11月初旬の秋の大祭から引き続き菊花が展示されている。

野菜の宝船
明治神宮 新嘗祭
明治神宮 新嘗祭
明治神宮 新嘗祭

楼門前及び廻廊内には合計で10基前後の野菜の宝船が展示される。

農作物
明治神宮 新嘗祭

収穫された農産物や全国の特産品も陳列される。

なお、祭典は10時より行われ、その際には巫女による「代々木の舞」も奉納される。