東京の伝統行事

Sanja Matsuri浅草神社(東京都台東区)は、浅草寺の本堂隣りに鎮座し、浅草寺の草創に関わった3人の一般人を後に神として祀った神社で、第二次世界大戦の戦禍を免れた社殿を有する。当社についての詳細は浅草神社の記事を参照。
三社祭は浅草神社の例大祭で、全国的にも有名な祭礼であり、江戸三大祭に数えられることもある。(ただしこの三大には幾つかのパターンがあり、三社祭が含まれない組み合わせもある。後述)。その名は浅草神社の旧称である三社権現に由来するが、この「三社」とは当社の祭神3柱のことを指している。
明治5年以来昭和37年までは5月17~18日開催であったが、それ以降は5月17~18日に近い金土日曜日に執り行われるようになった。この3日間で毎年約150万人の人出がある。金曜日には練り行列が、土曜には氏子各町の町内神輿の連合渡御が、そして日曜には本社神輿3基の各町渡御が行われる。東京都の文化財に指定されているびんざさら舞なども奉納される。
また例年同じ日程で、西隣の西浅草八幡神社や小野照崎神社、北隣の吉原神社でも例大祭が催される。

浅草神社
三社祭

三社祭の次第

以下のタイムスケジュールは平成29年(2017年)の三社祭のもの。

5月19日(金)

大行列
三社祭
三社祭

金曜日の大行列は13:00から、お囃子屋台、金棒、鳶頭木遣り、氏子総代・各町役員、びんざさら舞、芸妓連の手古舞、組おどり、白鷺の舞、屋台で構成された大行列が浅草寺の北方にある東京浅草組合の前からスタートして浅草の町を練り歩き、14:00頃に浅草神社に到着する。
また14:20には社殿で、15:00には神楽殿で、びんざさら舞が奉納される。びんざさら舞は田楽舞の一種で東京都指定無形民俗文化財
15:30からは「各町神輿神霊入れの儀」で、各氏子町会の町内神輿に神霊を遷す。なお、本社神輿3基にはすでに前日(木曜日)の19時に神霊が遷されている(神霊入れの儀)。

大行列 順路

金曜日の大行列は、西暦偶数年には西廻りで、西暦奇数年には東廻りで、東京浅草組合の前から浅草神社へと練り歩く。グーグルマップ上に引いた順路は以下の通り。

5月20日(土)

浅草寺本堂裏に集結する町神輿
三社祭
三社祭

12:00から始まる氏子各町連合渡御では、まず氏子44ヶ町の町内神輿約100基が浅草寺の本堂裏の広場に集結し、それから一基ずつ浅草神社に向かう。なお、本堂裏広場には一度には神輿が入り切らないため、12:00に浅草神社への渡御が始まった後からも新たに神輿が次々と到着する。

浅草神社でお祓いを受け、自分の町に戻る町神輿
三社祭
三社祭

氏子町会の町神輿は、一基ずつ浅草寺裏を出発し、浅草神社でお祓いを受けたあと、自分の町へ渡御しながら戻る。12:00から南部方面16ケ町の、13:00頃からは東部方面12ケ町の、14:00頃からは西部方面16ケ町の氏子町会が、浅草寺本堂裏を発輿する。

浅草千和町会の小神輿の1つ
三社祭

町内神輿は立派なものが多いものの、擬宝珠の神輿が目立つというほかは、オーソドクスな形状である。少し変わったものは、この浅草千和町会の入母屋造の小神輿ぐらいであった(この町会には小神輿が2基ある)。

桧前浜成・竹成(浅草神社の祭神)の太鼓山車
三社祭

5月21日(日)

巫女舞
三社祭

14時からは浅草神社の神楽殿で、地元小学生による巫女舞(浦安の舞と豊栄の舞)が奉納される。

奉納舞踊
三社祭

15時からは神楽殿で奉納舞踊(芸妓衆のくみ踊り)。なお、この後の16時からは神楽殿前で和太鼓の奉納がある(が、地面で行われたため人垣で写真は撮れなかった)。

江戸里神楽
三社祭

巫女舞の前と和太鼓の後には、神楽殿では江戸里神楽が奉納された。

お祭り広場を渡御する町神輿
三社祭

日曜は雷門通り(雷門の前を東西に走る大通り、9:30-18:00)から馬道通り(東武線浅草駅・浅草松屋の西脇を南北に走る大通り、11:00-18:00)が車両通行止めとなって、神輿が自由に渡御できるお祭り広場が設けられる。

お囃子
三社祭

浅草の町の各所にこのような御仮屋が設けられ、お囃子が奉納される。

和太鼓
三社祭

また各所で和太鼓も演奏されていた。

本社神輿の渡御

本社神輿3基
三社祭

一之宮神輿(昭和25年調製、1026kg)は土師真中知命の、二之宮神輿(昭和25年調製、1109kg)は桧前浜成命の、三之宮神輿(昭和28年調製、1109kg)は桧前竹成命の神霊を載せて渡御する。宮神輿3基のうち2基は頂に鳳凰ではなく擬宝珠を載せている。このこと自体はまあまあ珍しいという程度だが、これに倣って町会神輿にも擬宝珠を頂いているものが少なからずあり、擬宝珠を頂いた神輿がこんなに集まっているのは珍しい。

本社一之宮神輿の渡御
三社祭
本社二之宮神輿の渡御
三社祭
本社三之宮神輿の渡御
三社祭

日曜日の早朝から本社神輿3基が三手に分かれてそれぞれ別ルートで氏子地域を終日渡御する。中でも朝6時の宮出しと19時頃の宮入りは三社祭のハイライトとされる(特に宮出し)。またそれとは別に、浅草の各地で氏子が自分の町内神輿を担ぐ。本社神輿は19時頃の宮入り後、21時の「御霊返しの儀」で祭神の神霊を本殿に返し、ここに三社祭は終了する。
宮出しは儀式自体は早朝3:00に始まり(本社神輿庫出し清祓いの儀)、5:00に神幸祭の儀式が執り行われ、5:45の発進式などを経て6:00に氏子らによる本社神輿3基の宮出しが行われ、神輿を境内から鳥居の外に移し6:20に氏子宮出しは終了する。続いて6:30より同好会の担ぎ手による一般宮出しが行われ、浅草寺境内を出て7:30に各方面の一番町会に本社神輿を引き渡し、宮出しは終了する。一番町会は8:00より発進する。
宮出しが氏子と一般の二段階になったのは平成14年以来のことで、これは肝心の氏子が宮出しで担げなかったためである。

本社神輿の渡御ルート

日曜日の本社神輿は、本社神輿3基が三手に分かれてそれぞれ別ルートで氏子地域を終日渡御する。各神輿が向かう方面は毎年順繰りでローテーションされる。グーグルマップ上に朱引きした順路は以下の通り。

隣接氏子地域で同日程に催される神社例大祭

三社祭と同時に、氏子地域を接する西浅草八幡神社、吉原神社、小野照崎神社でも例大祭が催され、神輿渡御などが行われる。

西浅草八幡神社 例大祭

西浅草八幡神社は元禄13年(1700年)に創建された小さな鎮守社。氏子地域は西浅草二丁目の東町会と西町会の2町会のみで、浅草神社の氏子地域を切り取るかのように存在する。西浅草八幡神社の例大祭は三社祭と同日程で催され、日曜日には本社神輿が巡行する。

社前での和太鼓
西浅草八幡神社例大祭
本社神輿の渡御
西浅草八幡神社例大祭
西浅草八幡神社
東京都台東区西浅草2-14-5 地図

吉原神社 例大祭

吉原神社は吉原遊郭街の鎮守だった稲荷社で、浅草神社の北西方面で氏子地域が接する。吉原神社の例大祭も三社祭と同日程で開催され、土曜の夕刻には狐に扮した面々が随伴して本社神輿の渡御が行なわれる。

本社神輿の渡御
吉原神社 例大祭
吉原神社 吉原神社HP
東京都台東区千束3-20-2 地図

小野照崎神社 例大祭

小野照崎神社とは浅草神社の西方で氏子地域が接する。小野照崎神社の例大祭も例年、三社祭と同日程で開催され、3年に一度の本祭では本社神輿が渡御し、その他の年は町会神輿の連合渡御が行われる。

本社神輿の渡御(本祭の年)
小野照崎神社 例大祭
町神輿の連合渡御(陰祭の年)
小野照崎神社 例大祭
小野照崎神社 小野照崎神社HP
東京都台東区下谷2-13-14 地図

その他

三社祭の歴史

三社祭は正和元年(1312年)または2年(1313年)に神託により初めて船祭として始まったと伝えられ、明治時代になるまでは3月17~18日の開催で、隔年で本祭が行われていた。現在でも3月17~18日においては浅草寺で本尊示現会が行われているが、これはかっては三社祭と一体的に執り行われていた行事だった。
明治になって市内に電線が張り巡らされ山車の運行が難しくなるまでは、江戸の祭礼では神輿といえば宮神輿のことで、氏子は主に山車を繰り出すものだった。三社祭も同様で、3月18日の祭礼当日早朝に浅草橋(江戸城の城門があった)から氏子の山車行列が北上して浅草寺に至り、前夜から本堂に安置されていた宮神輿3基に参詣し、各自の町へ帰った。その後、宮神輿を本堂から下ろし、浅草橋の乗船場まで担いでそこから船に乗せ、隅田川を遡上して駒形から上陸し、浅草神社に還御した。
船渡御は明治維新で廃絶し、明治5年の神仏分離令で祭礼のうち神社の部分(三社祭)が5月17~18日に分離され、氏子各町に宮神輿が渡御する形式となった。一方、かっては三社祭と一体的な祭礼だった浅草寺側の祭礼である本尊示現会は3月18日の日程で残った。現在は三社祭は5月17~18日に近い金土日曜日に開催されている。なお、本尊示現会においては平成15年からは浅草神社の宮神輿の堂上げ・堂下げが復活している。

江戸三大祭について

浅草神社の三社祭は、江戸三大祭の1つに数えられる事もある祭礼である。ただし、江戸三大祭には幾つか組み合わせのパターンがあり、三社祭が含まれないバージョンが主流である。
現在最も流布している江戸三大祭のパターンは以下の組み合わせである。

しかし、文京区の根津神社や浅草神社の三社祭が組み合わせに入るパターンもある。根津神社では、江戸時代に天下祭であったということで、深川八幡祭の代わりに自社を入れる。浅草神社の場合、『全国神社名鑑』の記述では、深川八幡祭・神田祭とともに江戸三大祭だとしている。

びんざさら舞について

三社祭や、かって三社祭と一体的に催されていた浅草寺の本尊示現会で催される田楽の一種で東京都指定無形民俗文化財。田楽は田植行事を芸能化したもので、五穀豊穣を祈願して行われる。びんざさら(編木、拍板)とは手にしている木製の楽器の名称で、この楽器を構成する108枚の木札を打ち鳴らして音を出す。鎌倉の右大将が再興したとも、衣装から室町時代のものとも伝える。
三社祭では金曜日の大行列に参加して浅草の町を練り歩き、浅草神社到着後はまず拝殿で、次に神楽殿で、奉演される。
本尊示現会と一体的に催されていた江戸時代の三社祭では浅草寺の本堂前で奉納されており、現在も平成に入ってから3月18日の本尊示現会の神輿堂下げが復活した際に本堂前で奉納されるようになった。

本尊示現会で奉納されるびんざさら舞
本尊示現会
浅草神社 浅草神社HP
東京都台東区浅草2-3-1 地図
最寄り駅: 東京メトロ・都営地下鉄・東武線・つくばエクスプレス 浅草駅
この場所周辺のエリアガイド浅草神社の記事