海老名市温故館

海老名市温故館海老名市温故館は、神奈川県海老名市の、相鉄本線・小田急小田原線の海老名駅より東へ徒歩11分、またはJR相模線の海老名駅より東へ徒歩15分に位置する、海老名市立郷土資料館。
昭和57年からは旧海老名村役場庁舎(大正7年築)を利用しており、平成23年には現在地へ移築・移転した。
相模国分寺跡に面しており、その復元模型も展示されている。

相模国分寺跡
スポットガイド
相模国分寺跡と現・国分寺 | 神奈川県海老名市
古代国分寺跡と継承寺院
外観
海老名市温故館

建物は大正7年築の旧海老名村役場庁舎。平成23年の移築の際にはかなりの部分は新材で再建された。

館内
海老名市温故館
相模国分寺模型
海老名市温故館

古代の相模国分寺を百分の一スケールで復元。館の前に広がる相模国分寺跡は国指定史跡。

秋葉山古墳群模型
海老名市温故館

秋葉山古墳群も国指定史跡。

海老名市温故館
時間:9:00-17:15 料金:無料 休館日:年末年始
神奈川県海老名市国分南1-6-36 地図
アクセス:相鉄本線・小田急小田原線 海老名駅より徒歩11分/ JR相模線 海老名駅より徒歩15分