弘明寺

弘明寺弘明寺(ぐみょうじ)は、神奈川県横浜市の、京急本線の弘明寺駅より東へ徒歩2分、または横浜市営地下鉄ブルーラインの弘明寺駅より西へ徒歩5分に位置する、高野山真言宗の寺院。
奈良時代の養老5年(721年)にインド僧の善無畏が当地に結界を張り、天平9年(737年)に行基が観音堂を建立して創建と伝える、横浜最古の寺で、また著名な巡礼霊場である坂東三十三箇所観音霊場の第14番札所でもある。
参拝者も多い、横浜の代表的な仏教寺院の一つ。

仁王門
弘明寺

仁王門は江戸時代の築。安置されている仁王像は横浜市指定有形文化財。

仁王内
弘明寺
本堂
弘明寺

本堂は江戸中期の1766年築。1044年に建立された前代本堂の部材も一部再利用している。
本堂内の厨子は1822年建造。

聖天堂
弘明寺
鐘楼
弘明寺
庫裏
弘明寺

庫裏は元禄期(1688-1704年)の築。

楓関門
弘明寺

楓関門は昭和4年再築。

弘明寺 公式HP
神奈川県横浜市南区弘明寺267 地図
アクセス:京急本線 弘明寺駅より徒歩2分