慶運寺

慶運寺慶運寺は、神奈川県横浜市の、JR京浜東北線・横浜線の東神奈川駅または京急本線の京急東神奈川駅より南西へ徒歩5分の距離にある、浄土宗の寺院。
室町時代の文安4年(1447年)創建。横浜開港時にはフランス領事館が置かれた。
かって京急線子安駅の西方には浦島太郎伝説が伝わる観福寿寺(通称・浦島寺)があったが、幕末の慶応3年(1867年)に大火で焼失し明治5年に廃寺となった。その際、浦島太郎が龍宮より持ち帰ったと伝わる浦島観音などを慶運寺が引き継ぎ、新たに浦島寺となった。

参道
慶運寺

参道脇の寺号碑は亀趺(台石が亀型の石碑)。

手水鉢
慶運寺

手水鉢は亀型。

本堂・庫裡
慶運寺

本堂は昭和33年の、庫裡は昭和47年の築。

観音堂
慶運寺

観音堂は昭和10年築でRC造。
安置されている龍宮伝来の浦島観音像は12年ごとの子年に開帳。

伽藍の背面
慶運寺

横浜の浦島太郎伝説

浦島太郎伝承のある地は全国に百ヶ所以上あるが、うち最も有名なのは京都府伊根町の浦嶋神社(宇良神社)と思われる。
ここ横浜の浦島太郎伝説は、「丹後国に住む浦島太郎が釣った亀を放してやると、亀は美女に変じて現れ太郎は龍宮に導かれ暮らす。帰宅の際には玉手箱と観音像を与えられたが、地上には親も知人もいなかった。父の故郷の相模国を訪ねると、両親は300年前に武蔵国に葬られたと知り、菩提を弔う観音堂を建て、浜辺で消えた」というものである(仔細が若干異なるバージョンもある)。

慶運寺 公式HP
神奈川県横浜市神奈川区神奈川本町18-2 地図
アクセス:JR京浜東北線・横浜線 東神奈川駅より徒歩5分/ 京急本線 京急東神奈川駅より徒歩5分

蓮法寺

蓮法寺(れんぽうじ)は、神奈川県横浜市の、京急本線の子安駅より北へ徒歩7分に位置する、日蓮宗の寺院。
鎌倉時代の弘長年間(1261-1264年)に現・小田原市荻窪にて創建され、明治44年に横浜市の青木町に移転・再興。更に大正15年に現在地へと移転。
現在地は浦島寺として知られた観福寿寺(明治5年廃寺)の跡で、浦島太夫・太郎父子の供養塔などが残る。

山門
蓮法寺

山門の扉には、亀を取り入れた意匠の寺紋が刻まれている。

本堂
蓮法寺
庭園
蓮法寺

枯山水庭園の刈り込みは亀の姿を模している。

庫裏
蓮法寺
浦島太夫・太郎父子の供養塔
蓮法寺
蓮法寺 公式HP
神奈川県横浜市神奈川区七島町21 地図
アクセス:京急本線 子安駅より徒歩7分