川口神社

川口神社川口神社は、JR京浜東北線の川口駅より南東へ徒歩10分の地に鎮座する、川口の総鎮守。平安時代の天慶年間(938-947年)に創建され、氷川大明神などと称したが、他社複数を合祀したのち明治42年に川口神社と改称。戦前の社格は埼玉県の県社にまで登った。
社殿は戦前に建造された端正なもの。また境内社金山神社の社殿は江戸期のものである。

社頭
川口神社
神門
川口神社

神門は昭和18年築。また裏側にある手水舎も同年築。

拝殿
川口神社

拝殿・幣殿は昭和4年築。

本殿
川口神社

本殿は昭和18年築。流造の本殿は幣殿・拝殿と連結され、権現造となっている。

神楽殿
川口神社

神楽殿は昭和18年築。

別宮金山神社
川口神社

別宮金山神社は川口神社の旧社殿を移築転用したもの。金山神社(金山権現社)は南北朝時代の勧請で、川口で繁栄した鋳物業の職業神。2011年の東日本大震災の前は重厚な瓦葺きであった。

社務所
川口神社

社務所は昭和4年築。

富士塚
川口神社

富士塚は昭和4年築造、平成26年移築。

八雲社
川口神社

境内社八雲社の社殿は江戸中期の1707年に金山権現社の社殿として建造されたもの。川口市指定有形文化財。

川口護国神社
川口神社

境内社川口護国神社の社殿は川口市役所の神殿を戦後の昭和23年に移築したもので、前後で屋根の長さが異なり、棟持柱も傾いている変則的な神明造。川口出身の戦死者等を祀る。

例大祭

川口神社の例大祭は10月中旬に催され、隔年で町神輿の連合渡御が行われる。この行事に関する詳細は「川口神社 例大祭」の記事を参照。

川口神社 例大祭
川口神社 川口神社HP
埼玉県川口市金山町6-15 地図
アクセス:JR京浜東北線 川口駅より徒歩10分
この場所周辺のエリアガイド