峯ケ岡八幡神社

峯ケ岡八幡神社峯ケ岡八幡神社は、埼玉県川口市の、日暮里・舎人ライナーの見沼代親水公園駅より北へ徒歩26分に位置する鎮守社。
平安時代の天慶年間(938-946年)、平将門を滅ぼした後に霊夢により創建。
長い参道の奥に端正な社殿が鎮座する、境内の整った神社。また社叢は川口市指定天然記念物。

一ノ鳥居
峯ケ岡八幡神社

県道34号からは長い表参道が伸びる(が、表参道を通らずとも社殿脇に駐車場がある)。

弁天池
峯ケ岡八幡神社
表参道
峯ケ岡八幡神社
二ノ鳥居
峯ケ岡八幡神社
神門
峯ケ岡八幡神社
神門内
峯ケ岡八幡神社
社殿全景
峯ケ岡八幡神社
本殿
峯ケ岡八幡神社
御神札授与所
峯ケ岡八幡神社
御神木
峯ケ岡八幡神社

御神木は樹齢700年の銀杏。


明治維新時の神仏分離までは隣の新光寺が当社の別当寺であった。

峯ケ岡八幡神社 公式HP
埼玉県川口市峯1304 地図
アクセス:日暮里・舎人ライナー 見沼代親水公園駅より徒歩26分