鶴ケ丸八幡神社

鶴ケ丸八幡神社鶴ケ丸八幡神社は、埼玉県川口市の、JR京浜東北線の蕨駅より北へ徒歩26分に位置する鎮守社。
江戸初期の寛永3年(1626年)、館山市・鶴谷八幡神社を勧請して創建。
1628年建立の本殿は県の文化財に指定されている。

表参道
鶴ケ丸八幡神社
拝殿
鶴ケ丸八幡神社
本殿
鶴ケ丸八幡神社

本殿は1628年築。埼玉県指定有形文化財


明治維新時の神仏分離までは長徳寺が当社の別当寺であり、神社の傍らに隠居寺を兼ねた「神宮寺」(現存)を立て管理した。

鶴ケ丸八幡神社
埼玉県川口市芝6843 地図
アクセス:JR京浜東北線 蕨駅より徒歩26分