調神社

調神社調(つき)神社は、JR東北本線(京浜東北線・高崎線・宇都宮線など)の浦和駅より南西へ徒歩9分に位置する、浦和宿の総鎮守。戦前の社格は埼玉県の県社。
縁起では第9代開化天皇の御宇3年(BC155年)に創建。
県都であった旧浦和市の代表的な神社として境内は整っている。また鳥居がない、神使がウサギ、などの特徴がある。

表参道
調神社

本社への鳥居はない(ただし境内社への鳥居はある)。伝承では鳥居が調物運搬の妨げとなったため、倭姫命(第11代垂仁天皇皇女)が取り払っうよう命じたことに由来する。

狛兎
調神社
前代の狛兎
調神社

調(つき)→月→ウサギの連想から当社の神使はウサギであり、狛兎のほか、手水鉢や神池の噴水、社殿の彫刻意匠などにその姿を見つけることができる。

社務所と石庭
調神社

社務所は昭和4年築。社務所の前には石庭が設けられている。

社殿や授与所など
調神社
拝殿
調神社

社殿は本殿・幣殿・拝殿を連結した権現造で、幕末の1859年築。

神楽殿
調神社

神楽殿は昭和4年頃の築。

神池
調神社

神池の噴水にも兎がいる。また境内林はさいたま市指定天然記念物となっている。奥に見える社殿は稲荷社。

稲荷社
調神社

境内社稲荷社の社殿は調神社の旧本殿。1733年築でさいたま市指定有形文化財。

調宮天神社と金毘羅神社
調神社

例大祭

例祭の神幸祭(宮神輿の渡御)は7月19日、神事は20日。このほか、例祭日に近い週末に催される浦和まつりの「みこし渡御」では、浦和各所から神輿が集まって連合渡御が行われる。

十二日まち

毎年12月12日(曜日に関わらず日程固定)には十二日まち(大歳市祭)が催される。縁起物の熊手その他多数の露店が軒を並べる。

調神社 十二日市
イベントガイド
調神社 十二日市 | 埼玉県さいたま市
12月12日に大規模な熊手市が立つ
十二日市
調神社
調神社
埼玉県さいたま市浦和区岸町3-17-25 地図
アクセス:JR京浜東北線 浦和駅より徒歩9分

浦和駅周辺には他に玉蔵院などがある。

玉蔵院
スポットガイド
玉蔵院 | 埼玉県さいたま市
浦和市街の整った寺