本伝寺

Hondenji本伝寺は、東京都文京区の、東京メトロ丸ノ内線の新大塚駅より南へ徒歩8分、または有楽町線の護国寺駅より東へ徒歩7分の地にある、日蓮宗の寺院。
当初は禅宗の寺院だったが、江戸初期の元和年間(1615-1624年)に日蓮宗に改宗。明治維新までは子院も幾つかあった。
『小石川の寺院』には門以外の建築年代が記されていないが、年表において、第二次世界大戦で焼失したとは書いていないこと、本堂と祖師堂の屋根を昭和36年に葺き替えていることから、戦前の建物か。

全景
本伝寺
山門
本伝寺

山門は平成の建造。

祖師堂前寺門
本伝寺
本伝寺

祖師堂前寺門も平成に入ってからの建造。裏側には逆さの擬宝珠のようなものがついている。

祖師堂(右)と不動堂(左)
本伝寺
客殿(?)
本伝寺
中門
本伝寺
本堂
本伝寺

本伝寺の日蓮宗改宗以前の詳細は不明だが、境内の不動堂に祀られている波切不動尊の縁起の要旨では、「鎌倉時代の建長2年(1250年)に三重県で示現した不動像を背負って当地まで来ると重くて動かなくなったので、ここに安置した。後に江戸城主の太田某が三浦沖で暴風雨に煽られた時、不動の加護で収まったので浪切不動と呼ばれるようになった」とする。また波切不動尊の別の縁起には、「当地が火事になった時に関口の川に入って火を除けたので浪切不動」だとある。

本伝寺
東京都文京区大塚4-42-23 地図
アクセス:東京メトロ丸ノ内線 新大塚駅より徒歩8分/ 有楽町線 護国寺駅より徒歩7分