湯島聖堂

Yushima Seido湯島聖堂は、東京都文京区の、JR中央線または東京メトロ丸ノ内線の御茶ノ水駅より徒歩2分の地にある孔子廟。儒教の祖である孔子(BC552-479)を祀る廟所。国指定史跡。日本に現存する孔子廟は数少ないが、それらのうちでは最も有名。儒教の廟なので、中国風の建築である。
湯島聖堂は、江戸幕府の儒官だった林羅山の邸宅に寛永9年(1632年)に私塾と共に設けられた孔子廟が、元禄3年(1690年)に当地に移されたことに始まる。私塾は寛政9年(1797年)には幕府直轄の昌平坂学問所として再編され、明治4年に実質的に廃止となったが、聖堂はそのまま残った。

仰高門
湯島聖堂

仰高門は伊東忠太の設計で昭和10年建造。

斯文会館
斯文会館

斯文会館は伊東忠太の設計で昭和10年建造。

孔子像
湯島聖堂

孔子像は昭和50年建立。

斯文会館の裏にある建物
湯島聖堂

斯文会館の裏にあるこの建物も、同じく昭和10年の建造か。

入徳門
湯島聖堂

入徳門は昌平坂学問所時代の1704年に建造。江戸時代の唯一の遺構である。

水屋
湯島聖堂

水屋は入徳門とともに関東大震災を免れたものの、第二次世界大戦で焼失し、その後に再建された。

入徳門内
湯島聖堂
杏壇門
湯島聖堂

杏壇門は伊東忠太の設計で昭和10年建造。

廻廊
湯島聖堂

廻廊は伊東忠太の設計で昭和10年建造。

大成殿
湯島聖堂

大成殿は伊東忠太の設計で昭和10年建造。孔子を筆頭に、孟子、顔子、曾子、子思といった聖人が祀られている。土日祝のみ内部公開。

大成殿内
湯島聖堂

孔子廟の常として、大成殿には孔子と共に四配(4人の聖賢)が祀られている。中央の厨子が孔子、東座が顔子・子思、西座が曽子・孟子。

鬼口頭と鬼龍子
湯島聖堂

杏壇門や大成殿の屋根には、鬼口頭(シャチホコのような置物)と鬼龍子(虎のような置物)が置かれている。

明神門
湯島聖堂

明神門は伊東忠太の設計で昭和10年建造。北側の神田明神に面した門。

練塀
湯島聖堂

神農廟

神農廟は、中国の伝説の帝王である神農を祀る。神農を祀る廟は日本では非常に珍しい。神農は医薬の神として信仰されるほか、日本ではテキ屋の職能神でもある(ちなみに博徒の職能神は天照大神)。
通常は非公開であるが、11月23日の神農祭と、5月第3日曜の鍼灸祭で公開される。なお、鍼灸祭では、これまた中国の伝説の帝王である黄帝を祭祀する。なお、湯島聖堂は孔子を祀る廟所なので、実質的には宗教施設でもあるのだが、管理しているのは財団法人(斯文会)である。そのため、孔子祭、鍼灸祭、神農祭といった祭祀では、神田明神の神職が神事を執り行う。
神農廟の建物は、扉内側に鏝絵の施された土蔵である。昭和18年に当地に移築された。

神農廟
神農廟
神農廟の扉の内側
神農廟
湯島聖堂 湯島聖堂HP
[湯島聖堂敷地内]時間:9:30-17:00(冬季-16:00); 料金:無料; 休園日:8/13-17・12/29-31
[大成殿内]土日祝の10:00-17:00(冬季-16:00); 料金:200円
東京都文京区湯島1-4-25 地図
アクセス:JR中央線・東京メトロ丸ノ内線 御茶ノ水駅より徒歩2分
この場所周辺のエリアガイド

聖橋

聖橋は、湯島聖堂に隣接して神田川に掛かる橋で、湯島聖堂と、すぐ南にあるニコライ(聖)堂を結ぶので聖橋と呼ぶ。昭和2年に架橋された鉄筋コンクリート橋で、山田守らの設計。後にデザインの改変がなされたが、2018年の改修の際に復元された。
地図

聖橋
聖橋