日比谷公園

Hibiya Park日比谷公園は、東京都千代田区の、皇居や霞が関官庁街に隣接する、日本最初期の洋風庭園。公園の敷地は江戸時代は大名の上屋敷があった地区で、明治以降は一時日比谷練兵場となった後、明治36年(1903年)に公園として整備された。
ドイツ式庭園が主体だが、一部は日本庭園となっている。日本初の洋風公園と言われる事もあるが、実際はそれ以前に横浜の山手公園(明治3年)や神戸の現・東遊園地(明治元年)などの外国人専用公園が外国人居留地に作られているので、「日本人の作った」または「日本人にとっての」など何らかの限定条件がついた「日本初」である。

旧江戸城日比谷門の石垣
日比谷公園
旧江戸城日比谷門前の心字池
日比谷公園

江戸城日比谷門周辺の石垣が一部残る所は心字池のある日本庭園となっている。江戸時代の江戸城の濠の位置については江戸城(6)を参照。

旧公園管理事務所
日比谷公園

明治43年建造の旧公園管理事務所は東京都指定有形文化財

日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
日比谷公園
雲形池
日比谷公園
雲形池の鶴の噴水
日比谷公園
江戸城の石垣から作った門柱
日比谷公園

入口の幾つかには、江戸城石垣から作った門柱がある。また園内にはアーク灯や水飲みと言った開園当初からの遺物も残る。

日比谷公会堂・市政会館
日比谷公園
日比谷公園

昭和4年建造の日比谷公会堂・市政会館は東京都選定歴史的建造物。北側部分が日比谷公会堂、南側が市政会館。東京市は東京府と合併して東京都となった際に消滅したが、当館の名称は当時のまま「市政」が付いている。

日比谷公園の主な伝統的イベント

変化朝顔&大輪朝顔展示会,変化朝顔展示会

日比谷公園の一角では、7月末~8月初旬にかけて変化朝顔&大輪朝顔展示会が、8月末には変化朝顔展示会が催される。これらの行事に関する詳細は「日比谷公園 変化朝顔&大輪朝顔展示会,変化朝顔展示会」の記事を参照。

変化朝顔&大輪朝顔展示会
変化朝顔&大輪朝顔展示会
変化朝顔展示会
日比谷公園 朝顔

丸の内音頭大盆踊り大会

8月下旬には、噴水広場において東京でも最大級の盆踊り大会が開かれる。この行事に関する詳細は「日比谷公園 丸の内音頭大盆踊り大会」の記事を参照。

丸の内音頭大盆踊り大会
丸の内音頭大盆踊り大会
丸の内音頭大盆踊り大会

東京都観光菊花大会

11月頃の2週間ほど開催される東京都観光菊花大会は、菊花2000点が展示される比較的大きな菊花展。この行事に関する詳細は「日比谷公園 東京都観光菊花大会」の記事を参照。

東京都観光菊花大会
東京都観光菊花大会
東京都観光菊花大会
日比谷公園
東京都千代田区日比谷公園 地図
アクセス:東京メトロ 霞ケ関駅・日比谷駅、都営地下鉄日比谷駅などからすぐ