東京第二陸軍造兵廠板橋製造所遺構

東京第二陸軍造兵廠板橋製造所東京第二陸軍造兵廠板橋製造所(二造)は、現在の東京都板橋区に置かれていた陸軍の兵器製造部門。加賀一丁目付近に遺構が点在する。
明治9年(1876年)、加賀藩前田家下屋敷跡に板橋火薬製造所として設立され、明治12年には東京砲兵工廠の傘下となった。
昭和15年(1940年)に東京第二陸軍造兵廠板橋製造所と改称、終戦まで続いた。
板橋区は、既存の加賀公園に野口研究所跡及び理化学研究所板橋分所跡を加え、2025年度完成の予定で史跡公園化を計画している。
なお、東の北区方面には東京第一陸軍造兵廠が置かれ、現在もその遺構が点在する。

東京第一陸軍造兵廠
スポットガイド
東京第一陸軍造兵廠遺構 | 東京都北区
陸軍の兵器工場の遺構

加賀公園

加賀公園内には、江戸時代に加賀藩前田家下屋敷の庭園の築山跡に、明治10年に築造された発射場の射垜(標的)が残る。
入口は塞がれているが、内部はトンネル構造となっている。
なお、前田家下屋敷時代の建物は現地には一切残されていないが、区内の観明寺に通用門と稲荷社が移築現存する。

観明寺
スポットガイド
観明寺 | 東京都板橋区
加賀藩邸の門と稲荷社を移築
旧発射場射垜
加賀公園
加賀公園 旧発射場射垜
東京都板橋区加賀1-8 地図

野口研究所跡

この内容は史跡公園整備に入る前のものです

野口研究所は加賀公園の隣にあったが史跡公園整備に際して転出した。敷地の東側は板橋区が取得し史跡公園に組み入れる。一部の建物は残され活用される予定。

電気軌道線路敷跡
野口研究所

電気軌道線路敷跡は加賀公園から覗うことができ、説明板も立っている。トロッコ跡の脇に擁壁がある。区が取得し史跡公園に組み入れる予定。

弾道検査管
野口研究所

昭和初期建造の弾道検査管も、加賀公園から覗うことができる。これで弾丸を加賀公園内の射垜(標的)に打ち込み、速度などを測定した。区が取得し史跡公園に組み入れる予定。

旧310号家
野口研究所

裏側の石神井川沿い遊歩道から金網越しに見える旧310号家は、爆薬製造実験室として昭和10年に建造。区が整備する史跡公園に曳家予定。

旧293号家
野口研究所

裏側の石神井川沿い遊歩道から金網越しに見える旧293号家は、加温貯蔵室として昭和7年建造。

旧329号家
野口研究所

裏側の石神井川沿い遊歩道から金網越しに見える旧329号家は、銃器庫として昭和11年建造。その背後にあるのは旧622号屋(昭和9年は発射室、昭和18年には燃焼試験室に)。

旧23号家
野口研究所

裏側の石神井川沿い遊歩道から金網越しに見える旧23号家は、半壊全焼後、昭和初期に火薬研究室として再建されたもの。終戦時は火薬研究所。

野口研究所
東京都板橋区加賀1-8-1 地図

理化学研究所板橋分所跡

この内容は史跡公園整備に入る前のものです

戦後、理化学研究所の板橋分所が二造の施設を利用して置かれていたが史跡公園整備に際して廃止された。理研時代には、ノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹や朝永振一郎の研究室が置かれた。板橋区が取得して史跡公園に組み入れ、両氏の研究室を再現する予定。

旧224号家
理化学研究所板橋分所
理化学研究所板橋分所

旧224号家は昭和10~12年頃に物理試験室として建造。鉄筋コンクリート(一部煉瓦)の建物を3棟連結。

旧357号家
理化学研究所板橋分所

旧357号家は昭和16年に爆薬理学試験室として建造。

理化学研究所板橋分所跡
東京都板橋区加賀1-7-13 地図

愛誠病院

愛誠病院の敷地内にも、旧二造遺構が6棟現存と資料にはある。以下のもののほか、旧36号屋と旧35号屋がある。

精神神経科外来棟
愛誠病院

精神神経科外来棟は旧168号家。大正10年当時は第二洗断室、終戦時は混同室。

作業療法棟
愛誠病院

作業療法棟は旧256号家。大正10年当時は篩分室、終戦時は爆薬理学実験室。

本部事務棟兼第3病棟
愛誠病院

本部事務棟兼第3病棟は旧164号家。大正10年当時は洗滌室、終戦時は物置。

第11病棟
愛誠病院

第11病棟は旧438号家。昭和18年に化学実験室として建造。

第1病棟
愛誠病院

第一病棟は旧36号家。大正10年当時は第二硫酸庫だったが、震災で半焼半壊し、終戦時は綿薬配合室。

第2病棟
愛誠病院

第二病棟は旧35号家。大正10年当時は倉庫で、震災で半焼半壊し、終戦時は駆水室。

デイケア棟
愛誠病院

戦前のレンガ建築に見える。資料にある旧164号家はこれの誤りか。

愛誠病院
東京都板橋区加賀1-3-1 地図

愛歯技工専門学校

愛歯技工専門学校には、二造の旧13号屋と旧140号屋が残る。

旧140号屋
愛歯技工専門学校

旧140号屋は大正10年当時は第一気鑵室、終戦時は試験室。

愛歯技工専門学校
東京都板橋区加賀1-16-6 地図

圧摩機圧輪記念碑

加賀西公園内には、二造で使用された圧摩機圧輪がモニュメントとなっている。
明治20年にベルギーで購入した圧輪を、大正11年に記念碑にしたもの。

圧摩機圧輪記念碑
圧摩機圧輪記念碑
圧摩機圧輪記念碑
東京都板橋区加賀1-10 加賀西公園内 地図

コミュニケーションステージ

加賀一丁目みどりばし緑地にあるこのモニュメントの一部に、二造にあったレンガ倉庫の壁面が、わずかだが保存されている。

コミュニケーションステージ
レンガ倉庫
コミュニケーションステージ
東京都板橋区加賀1-14 加賀一丁目みどりばし緑地内 地図

電気軌道跨線橋跡

北区内だが、明治28年に建造された、板橋火薬製造所の電気軌道の跨線橋の橋台が一部残っている。

電気軌道跨線橋跡
電気軌道跨線橋跡
東京都北区十条台1丁目 地図

これらのほか、東京家政大学構内に、3棟の二造の遺構が残り、板橋区登録有形文化財となっている。