半田稲荷神社

Handa Inari半田稲荷神社は、東京都葛飾区の、JR常磐線及び京成金町線の金町駅より北東に徒歩13分の位置に鎮座する稲荷社。江戸時代には小児の麻疹・疱瘡・安産の霊験で栄えた。
創建時期は、社伝では平安時代の永久年間(1113~1117年)、新編武蔵風土記稿では奈良時代の和銅4年(711年)、旧別当寺(廃寺)の寺記では和銅7年(714年)、と諸伝ある。

一ノ鳥居
半田稲荷神社
二ノ鳥居
半田稲荷神社
拝殿
半田稲荷神社

拝殿は江戸末期の1844年の建造。

拝殿の鏝絵
半田稲荷神社

拝殿の向拝天井には、鳳凰が描かれた大型の鏝絵がある。

社殿
半田稲荷神社

社殿のうち本殿(左端)も江戸末期の1845年の建造。

神楽殿
半田稲荷神社

神楽殿も江戸末期の1866年の建造。建築物ではこのほか、手水舎が江戸後期の1803年の建造である。

神泉遺構
半田稲荷神社

葛飾区指定有形文化財の神泉遺構は湧水井戸跡。石柵などには市川団十郎・尾上菊五郎などの名も見え、小児の麻疹・疱瘡・安産に霊験ありとして繁栄した当時を偲ばせる。

狐の築山
半田稲荷神社

稲荷の祠に黒ボクの造形物が伴うケースは多いが、当社のはかなり大型。

宮神輿
半田稲荷神社

宮神輿は昭和5年製作。半田稲荷の例大祭は4月上旬で、宮神輿が渡御するのは3年に一度。

創建年代は上述のように、社伝では永久年間(1113~1117年)、新編武蔵風土記稿では和銅4年(711年)、旧別当寺(廃寺)の寺記では和銅7年(714年)である。稲荷の総本社である京都伏見稲荷大社の創建は和銅4年などと伝承されており、それと近い(稲荷社は膨大な数があるので、中には当社のように京都伏見稲荷大社とほぼ同時、あるいはそれ以前の創建年を主張する神社すらある。詳細は妻恋神社の記事を参照。)

半田稲荷神社
東京都葛飾区東金町4-28-22 地図
アクセス:JR・京成線の金町駅より徒歩13分
この場所周辺のエリアガイド