愛宕神社

Atago Shrine愛宕神社は、東京都港区の、都営三田線の御成門駅より北西へ徒歩8分の、愛宕山(26m)の山頂に鎮座する神社。江戸初期の慶長8年(1603年)に京都の愛宕神社を勧請して創建。愛宕権現は秋葉権現と並び、火伏せ(防火)の神として有名な神である。
隔年で9月下旬に催される例大祭「出世の石段祭」では、神輿が出世の石段を往来することで知られる。
明治維新までの別当寺は、愛宕山下にある真福寺(港区愛宕1-3-8)であった。

一ノ鳥居
愛宕神社
表参道石段
愛宕神社
二ノ鳥居
愛宕神社
神門
愛宕神社
拝殿
愛宕神社
本殿
愛宕神社

社殿は第二次大戦後の再建。

神池
愛宕神社

小さな山とは言え、山上ながら境内には神池がある。

裏参道
愛宕神社

なお、福岡市の鷲尾愛宕神社は、自社、京都の愛宕神社、港区の愛宕神社の3社が日本三大愛宕だと称している(が、京都や港区の愛宕神社ではそのような主張はしていない模様)。

千日詣り・ほおづき縁日

6月23~24日に行われる千日詣り・ほおづき縁日では、境内にほおづき市が立つ。ほおづき市は浅草寺のものが有名であるが、発祥は愛宕神社だという。なお、この行事の際には茅の輪も設置される。

千日詣り・ほおづき縁日
愛宕神社

周囲には、増上寺金地院青松寺松蓮社、その他の芝公園周辺の寺社などがある。

愛宕神社 愛宕神社HP
東京都港区愛宕1-5-3 地図
アクセス:都営三田線 御成門駅より徒歩8分