長谷寺

Chokokuji長谷寺は、東京都港区の、東京メトロ半蔵門線・銀座線・千代田線の表参道駅より徒歩10分の地にある、曹洞宗の寺院。福井県にある曹洞宗大本山永平寺の東京別院であり、専門僧堂を擁して僧侶を育成している。
当地には古くから観音堂があったというが、慶長3年(1598年)に正式に寺院として開山したのが創建。
観音堂内には高さ3丈3尺(約10m)もの大観音像が再建されている。

山門
長谷寺
境内
長谷寺

境内は第二次世界大戦で戦災焼失し、現在の堂宇は戦後の再建。

法堂
長谷寺

法堂は総檜造りで再建された。

僧堂
長谷寺

僧堂(僧侶の坐禅場)も木造で再建。

庭園
長谷寺

僧堂の脇には小さな庭園もある。

大庫院と観音堂
長谷寺
大観音像
長谷寺

観音堂内には、高さ3丈3尺(約10m)の巨大な十一面観世音菩薩像が安置されており、6時から17時まで公開されている。
戦前、奈良長谷寺の観音像と同じ木片で造られたと伝える観音像があり、奈良長谷寺、鎌倉長谷寺の観音像とともに日本三大観音の1つとうたわれた(ただし、日本三大(長谷)観音の組み合わせパターンは複数ある)が、第二次世界大戦の空襲で焼失した。
現在の像は戦後に造られたもので、木造の観音像としては日本最大級だとしている。


周辺には、青山霊園根津美術館がある。

長谷寺 長谷寺HP
東京都港区西麻布2-21-34 地図
アクセス:東京メトロ半蔵門線・銀座線・千代田線 表参道駅より徒歩10分