覚林寺

kakurinji清正公(せいしょうこう)の通称で知られる覚林寺は、東京都港区の、東京メトロ南北線・都営三田線の白金高輪駅より南へ徒歩4分の地にある、日蓮宗の寺院。寛永8年(1631年)、誕生寺(千葉県鴨川市にある日蓮宗七大本山の一つ)の貫主であった日延の隠居寺として創建。日延は加藤清正が朝鮮出兵の時に連れ帰った朝鮮の王子である。
境内に加藤清正を祀る権現造の清正公堂がある。

山門
覚林寺

山門は1856年建造で港区指定有形文化財

本堂
覚林寺

本堂は新しい。

清正公堂
清正公堂
清正公堂

加藤清正を祀る清正公堂は権現造で、神社社殿に割りと近い形状をしており、港区指定有形文化財。清正公堂を構成する拝殿・幣殿は1865年建造で、本殿は明治中期の土蔵造。この土蔵造本殿は背面に向拝があるというが、このように何年も柵が巡らされており近づく事が出来ないので未確認。
なお、清正公(加藤清正)は日蓮宗では割りとポピュラーな神であり、その本社格は熊本市の本妙寺の浄池廟(明治維新時で熊本城に加藤神社として分離・遷座したが、後に境内に再興)である。

清正公大祭

5月4~5日にかけて開催される端午の節句の祭礼である清正公大祭では、葉しょうぶ入りの勝守や開運出世祝鯉が授与される。清正公は勝負事にご利益があるとされ、大祭ではそれにあやかる菖蒲入り勝守(かちまもり)を頒布する。
この期間、境内周辺、道路向かいの天神坂に多くの露店が出る。

清正公大祭
清正公大祭
清正公大祭
清正公大祭
覚林寺
東京都港区白金台1-1-47 地図
アクセス:東京メトロ南北線・都営三田線 白金高輪駅より徒歩4分