金地院

Konchiin金地院は、東京都港区の、都営三田線御成門駅・都営大江戸線赤羽橋駅・東京メトロ日比谷線神谷町駅より徒歩7分の地にある、臨済宗南禅寺派の寺院。東京タワーの麓にある。
徳川家康の政治顧問であった高僧の金地院崇伝(以心崇伝、1569-1633年)が元和5年(1619年)、江戸城北の丸に創建し、京都の南禅寺金地院と共に住職を兼務した。現在地へは寛永16年(1639年)に移った。
本堂は近代的なものとなっているが、八戸藩及び七戸藩の藩主南部家の大規模な墓所が残る。

本堂
金地院

本堂は現代的。

墓所
金地院
金地院
金地院
金地院

八戸藩及び七戸藩の藩主であった南部家(共に盛岡藩主南部家の支族)の大規模な墓所が残る。奥に見える赤い物は東京タワーの脚。


周囲には、増上寺松蓮社青松寺愛宕神社、その他の芝公園周辺の寺社などがある。

金地院
東京都港区芝公園3-5-14 地図
アクセス:都営三田線御成門駅・都営大江戸線赤羽橋駅・東京メトロ日比谷線神谷町駅より徒歩7分

東京タワー

正式には日本電波塔。国登録有形文化財。高さは332.6mで、1958年の竣工以来長らく日本一の高さを誇る建造物だったが、現在は2012年に開業した東京スカイツリー(634m)に次いで日本で2番目。
(エリアガイドには不掲載。)

東京タワー
東京タワー(日本電波塔) 東京タワーHP
東京都港区芝公園4-2-8 地図
アクセス:都営三田線御成門駅・都営大江戸線赤羽橋駅・東京メトロ日比谷線神谷町駅より徒歩7分