六本木ヒルズ 毛利庭園

Mori Teien六本木ヒルズの毛利庭園は、東京都港区の、六本木駅より南へ徒歩5分の地にある。
六本木ヒルズの敷地は江戸時代は長府藩(長州藩の支藩)藩主毛利家の上屋敷跡で、明治に中央大学創始者増島六一郎の邸宅となる。戦後はニッカウヰスキーの東京工場となり、後にテレビ朝日が取得し、2003年の六本木ヒルズに現在のように庭園整備された。ヒルズ整備の際、池などは保存のため埋められ、その上に現在の庭園が築かれた。毛利甲斐守邸跡として東京都旧跡に指定されている。

毛利庭園
毛利庭園
毛利庭園
毛利庭園
毛利庭園

近くの東京ミッドタウンには、同じく大名庭園である、長州藩主毛利家の下屋敷跡に整備された檜町公園がある。六本木には、昭和5年に三菱財閥の岩崎邸に整備された庭園も国際文化会館に残る。

六本木ヒルズ 毛利庭園
東京都港区六本木6-9 地図
アクセス:六本木駅より徒歩5分