青松寺

Seishoji青松寺は、東京都港区の、都営三田線の御成門駅より北西へ徒歩7分の地にある、曹洞宗の名刹。愛宕神社のすぐ近くでもある。文明8年(1476年)創建。
江戸時代は、関東の曹洞宗を統括する関東の触頭の大中寺(栃木県栃木市)、総寧寺(千葉県市川市)、龍穏寺(埼玉県越生町)の下、江戸の触頭の3寺の1つとして曹洞宗の寺院を差配した(他の2寺は泉岳寺と、台東区から板橋区に移転した総泉寺)。境内には、後に吉祥寺の旃檀林に統合され駒澤大学へと発展解消した教育機関の1つである「獅子窟」僧堂があった。
現在の境内は、愛宕グリーンヒルズと調和した現代的でありながら、同時に伝統的でもある堂宇が並ぶ境内となっているが、本堂は昭和6年竣工の鉄筋コンクリート建築(近代和風建築)。洗練された境内のところどころにB級風のオブジェもある。

山門
青松寺
青松寺

山門内には四天王像が収められている。これらとは別に、本堂前に仁王像が1対ある。

中雀門
青松寺
本堂
青松寺

本堂は昭和6年建立の鉄筋コンクリート建築。

青松寺
青松寺
青松寺
青松寺

周囲には、増上寺金地院愛宕神社松蓮社、その他の芝公園周辺の寺社などがある。

青松寺 青松寺HP
東京都港区愛宕2-4-7 地図
アクセス:都営三田線 御成門駅より徒歩7分