旧芝離宮恩賜庭園

Shibarikyu旧芝離宮恩賜庭園は、東京都港区の、JR山手線浜松町駅の東隣りにある、江戸初期に海を埋立てた地に造営された日本庭園。国指定名勝かつ史跡である。
現在旧芝離宮恩賜庭園がある地の海が埋め立てられたのは明暦(1655-1658年)の頃で、その地を延宝6年(1678年)に老中で唐津藩主(後に小田原藩主)の大久保忠朝が拝領して上屋敷とし、庭園「楽寿園」を造営した。その後は所有者が何度か変わり、幕末期には紀州徳川家の別邸となっていたが、維新後は有栖川宮邸となり、明治8年からは皇室の所有となり芝離宮が整備され、大正13年に東京市に下賜された。
現在は海からは離れているが、江戸時代は海に面し、他の三方も水路に囲まれていた。当時は近くの浜離宮のように、海水の干満を取り入れて風景の変化を楽しむ潮入庭園であったが、現在は埋め立てが進んで海から切り離され、潮入は実現されていない。また鉄道敷設などで敷地が削られ、広さは浜離宮の1/6ほどである。

旧芝離宮恩賜庭園
旧芝離宮恩賜庭園
旧芝離宮恩賜庭園
旧芝離宮恩賜庭園
旧芝離宮恩賜庭園
旧芝離宮恩賜庭園
旧芝離宮恩賜庭園
時間:9-17時 料金:150円 休園日:12/29-1/3
東京都港区海岸1-4-1 地図
アクセス:JR山手線浜松町駅より徒歩1分