虎ノ門金刀比羅宮

Toranomon Kotohiragu虎ノ門金刀比羅宮は、東京都港区の、東京メトロ銀座線の虎ノ門駅より南へ徒歩1分の地に鎮座する神社。戦前の社格は東京府(東京都)の府社にまで登った。
江戸時代初期の万治3年(1660年)、丸亀藩(香川県丸亀市周辺)の藩主京極高和が、藩内の金刀比羅宮を、当時三田にあった江戸上屋敷に勧請して創建。延宝7年(1679年)、上屋敷の移動と共に現在地へ遷座したが、毎月10日には邸内が開かれ、一般庶民に参拝を許し、大いに繁栄した。

表鳥居と表参道
虎ノ門金刀比羅宮

表参道は超高層ビル(虎ノ門琴平タワー)の一階を通る。社務所もこのビルの一階にある。

拝殿前鳥居
虎ノ門金刀比羅宮
虎ノ門金刀比羅宮

拝殿前の鳥居は港区指定有形文化財。江戸時代後期の1821年建立で、四神(東西南北を守護する青龍、白虎、朱雀、玄武)の彫刻が付加されている。

拝殿
虎ノ門金刀比羅宮
拝殿・幣殿・本殿
虎ノ門金刀比羅宮

昭和26年に桧材で再建された拝殿・幣殿は伊東忠太設計校閲で、東京都選定歴史的建造物。なお、本殿は昭和58年再建の鉄筋コンクリート建築。

神楽殿
虎ノ門金刀比羅宮
結神社
虎ノ門金刀比羅宮

境内社は2社あるが、うち結神社には、良縁を願う女性たちが奉納するゴム紐が多く奉納されている(社務所で授与)。かっては自分の髪などを結びつけたという。

梯子乗り

毎年1月4日には梯子乗りが境内で披露される。

梯子乗り
虎ノ門金刀比羅宮 梯子乗り

月次祭

毎月10日の月次祭では、神楽殿にて里神楽が一日複数回奉納される(10日が1月・10月以外かつ日曜日の場合を除く)。なお10日でも1月の10日は初こんぴら祭として、10月の10日は大祭として、特ににぎやかに祭礼が執り行われる。

月次祭
虎ノ門金刀比羅宮
虎ノ門金刀比羅宮

初こんぴら祭

毎月10日の縁日(月次祭)のうち、1月の10日は初こんぴら祭として、さらに賑やかに祭礼が執り行われる。この行事に関する詳細は「虎ノ門金刀比羅宮 初こんぴら祭」の記事を参照。

初こんぴら祭
虎ノ門金刀比羅宮 初こんぴら祭

当社に類似した由緒を持つ東京の金毘羅宮

当社に類似した由緒を持つ東京の金毘羅宮として、台東区の御徒町にある金刀比羅神社と、文京区の水道橋近くにある金刀比羅宮東京分社がある。
御徒町の金刀比羅神社(台東区台東2-24-1)は、慶長年間(1596-1615年)、高松藩の藩主生駒一正が、藩内の金毘羅宮を江戸中屋敷に勧請した神社である。後に生駒家はお家騒動で矢島藩(秋田県由利本荘市矢島町周辺)に改易されるが、江戸屋敷での祭祀は継続され、毎月10日には邸内が開かれ、一般庶民に参詣を許した。
金刀比羅宮東京分社(文京区本郷1-5-11)は、昭和39年に、寛政5年(1793年)に高松藩主松平邸内に創建した金刀比羅神社を合祀しているが、この松平邸の金刀比羅神社も、江戸時代には毎月10日に一般庶民に参詣を許していた。
つまり、高松藩は、江戸時代当初は生駒氏が藩主であったが、その時代に勧請されたのが台東区の金刀比羅神社である。その生駒氏が1640年に改易され、1642年には高松藩主に松平氏が着いたが、その時代に勧請されたのが文京区の金刀比羅宮東京分社である。また、1641年には、旧高松藩の領域から丸亀藩が分立(金毘羅宮が鎮座する領域を継承)し、初めに山崎氏が、次に京極氏が藩主に着くが、この京極氏時代に勧請されたのが、虎ノ門金刀比羅宮である。
そして、江戸時代、京極氏は、現在の虎ノ門金刀比羅宮を創建した丸亀藩の京極氏だけでなく、一族の讃岐多度津藩、但馬豊岡藩、丹後峰山藩各藩の京極氏も、讃岐金毘羅宮を江戸屋敷に勧請し、毎月10日に一般庶民に参詣を許していた。

虎ノ門金刀比羅宮 虎ノ門金刀比羅宮HP
東京都港区虎ノ門1-2-7 地図
アクセス:東京メトロ銀座線 虎ノ門駅より徒歩1分
この場所周辺のエリアガイド