池上本門寺

Honmonji池上本門寺は、東京都大田区の、東急池上線の池上駅より北へ徒歩8分の地にある、日蓮宗の大本山。この場合の「日蓮宗」とは宗教法人名である。普通名詞の日蓮宗・法華宗においては、大きく分けて一致派と勝劣派があるが、宗教法人日蓮宗は一致派のほぼ全体と勝劣派の一部が合同した宗派である。宗教法人日蓮宗には、山梨県にある総本山久遠寺の下に大本山が7寺あり、そのうちの1つが池上本門寺である。

池上本門寺は宗祖日蓮(1222~1282年)が没し(場所は隣にある子院の本行寺とされる)、荼毘に付された地として霊跡寺院となっている。主な堂宇の多くは第二次世界大戦の空襲で焼失し、鉄筋コンクリートで再建されているものが多いが、江戸時代の建物も若干残り、うち五重塔と宝塔は国の重要文化財に指定されている。また、庭園松濤園は小堀遠州の作庭と伝える。

周囲にある本門寺の子院については、本行寺永寿院・芳心院墓所照栄院実相寺その他の池上の寺院(池上鬼子母神堂、中道院、理境院、南之院)の各記事を参照。

総門
池上本門寺

総門は大田区指定有形文化財。元禄期(1688~1704年)の建造。

表参道石段坂
池上本門寺

表参道石段坂(此経難持坂)は17世紀初頭に加藤清正が寄進したもので、大田区指定有形文化財。

仁王門(三門)
池上本門寺

仁王門(三門)は戦後の昭和52年に鉄筋コンクリートで再建。

日朝堂
池上本門寺

日朝堂は、室町時代に身延山の法主であった日朝を祀る。戦後の昭和48年の鉄筋コンクリート製。

大堂(祖師堂)
池上本門寺

大堂(祖師堂)は戦後の昭和39年に鉄筋コンクリートで再建。宗祖日蓮の像を中央に、向かって左に第2世日朗の、右に第3世日輪の像を安置。

五重塔
池上本門寺 五重塔

五重塔は国指定重要文化財。1608年建立。

宝塔
池上本門寺 多宝塔
池上本門寺 多宝塔

宝塔は国指定重要文化財。1828年建立。日蓮の荼毘所跡と伝える地に立つ。なお、指定名は宝塔だが、当寺では多宝塔と呼ばれてきた。

宝塔内の小宝塔
池上本門寺 小宝塔

国指定重要文化財の宝塔内部には、附指定の宝塔が収められている。
通常は非公開だが、10月の御会式で公開される。

経蔵
池上本門寺
池上本門寺

経蔵は大田区指定有形文化財。1784年建立。奥に八角輪蔵が収まっているのが覗える。

長栄堂
池上本門寺

長栄堂は本門寺の鎮守である長栄大威徳天(長栄稲荷)を祀る。戦後の昭和34年建造。

客殿・寺務所
池上本門寺

客殿・寺務所は昭和53年建造。

本殿
池上本門寺

本殿は戦前にあった釈迦堂を戦後の昭和44年に鉄筋コンクリートで再建したもの。釈迦像を中心に、本化地涌の四大菩薩(上行、無辺行、浄行、安立行)と日蓮の像が安置されている。
本師(久遠実成の釈尊)が安置されている殿堂ゆえ「本殿」と称するという。
堂内にはアントニオ猪木がモデルだという仁王像もある。

御廟所
御廟所

御廟所は戦後の昭和54年再建。中央の廟堂には宗祖日蓮の灰骨を安置する。向かって左の廟堂には第2世日朗の、右の廟堂には第3世日輪の墓塔が安置されており、正月には扉が開かれる。

日蓮聖人像
日蓮聖人像

政治家であった星亨の銅像の台座(銅像は戦時中に供出)に昭和58年、日蓮像を乗せたもの。

紀伊藩主徳川家墓所
徳川家墓所

紀伊藩主徳川家の妻子の墓所。

熊本藩主細川家墓所
細川家墓所

熊本藩主細川家の妻子の墓所。

松山藩主松平家墓所
松平家墓所
他にも多くの大名家関連の墓がある
池上本門寺
池上本門寺

松濤園

松濤園は、朗峰会館の裏にある、小堀遠州作と伝える江戸初期に造られた回遊式日本庭園。かっては旧本坊の奥庭だった。園内の建物は戦災で全て失われたが、裏千家の寄贈で平成に陶芸家大野鈍阿の旧居と茶室が移築され茶室(根庵、鈍庵)となっている。
通常は非公開だが、一般公開期間があるほか、館内のレストランの窓からは常に見える。

松濤園
松濤園
松濤園
根庵
松濤園
鈍庵
松濤園

主な年中行事

除夜の鐘、初詣

年始
本門寺の除夜の鐘は、一般人が無料で撞くことができる。先着600名で12月31日の23時より整理券配布。
初詣スポットとしても有名所で、多くの参拝者がある。下の写真は1月3日のもの。
また、子院の養源寺(池上1-31-1)では、三が日はお囃子や獅子舞があり、3日には餅つきも行われていた。

初詣
池上本門寺 初詣
養源寺でのお囃子と獅子舞
池上本門寺 初詣
養源寺での餅つき
池上本門寺 初詣

節分会

2月3日
節分会の豆まきは、福男・福女だけでなく有名人も行う、都内でも有名な所の1つ。参加する有名人はプロレスラーが多いことで知られる。

節分会
池上本門寺 節分会

春まつり

4月の第一土日
4月の最初の週末に催される池上本門寺の春まつりは、土曜日の五重塔まつりと日曜の花まつりから成る。土曜の五重塔まつりでは五重塔での法要や和太鼓の奉納などがあり、日曜の花まつりではパレードやコーラス奉納などがある。なお、花まつり(灌仏会)は釈迦の生誕日(4月8日とされる)を祝う法会である。この行事についての詳細は「池上本門寺 春まつり」の記事を参照。

花まつりパレード
池上本門寺 春まつり
五重塔特別開帳
池上本門寺 春まつり

千部会

4月27~29日
千部会とは、宗祖日蓮が1253年の4月28日に立教開宗したことにちなみ、4月27~29日に行われる一連の法要。その第三日目には稚児行列が出る。またこの期間を含むゴールデンウィーク頃、境内では植木市が催される。この行事についての詳細は「池上本門寺 千部会」の記事を参照。

稚児行列
池上本門寺 稚児行列
植木市
池上本門寺 植木市

納涼盆踊り大会

8月4~5日
みたま祭り期間中、境内で盆踊りがあるほか、4日には本門寺通り商店街から本門寺総門まで盆踊りパレードも行われる。

納涼盆踊り大会
池上本門寺 盆踊り
池上本門寺 盆踊り

お会式

10月11~13日
御会式は、宗祖日蓮の命日である10月13日(ただし本来は旧暦の10月13日で、これは現在の暦に換算すると約1ヶ月後)を中心に行われる法要。日蓮入滅の霊跡である当寺にとって最大の祭礼であり、東京でも代表的な祭礼の1つである。この行事についての詳細は「池上本門寺 お会式」の記事を参照。

お会式
お会式
お会式

菊花展

10月下旬~11月上旬頃には、境内に菊花が展示される。量はそれほどは多くない。

菊花展
お会式
お会式

池上本門寺 池上本門寺HP
[霊宝殿]時間:日曜の10-16時 料金:300円
東京都大田区池上1-1-1 地図
アクセス:東急池上線 池上駅より徒歩8分
この場所周辺のエリアガイド

外部に移築された池上本門寺の建物

旧御廟所の建物が昭和54年、隣の本行寺に御灰骨堂として移築されているほか、妙福寺(町田市三輪町811)の祖師堂は、本門寺の祖師堂を1672年に移築したものである。

妙福寺 祖師堂
妙福寺