多摩川浅間神社

多摩川浅間神社多摩川浅間神社は、東京都大田区の、京東急東横線・目黒線・多摩川線の多摩川駅より南へ徒歩2分に鎮座する鎮守社。鎌倉時代の文治年間(1185-90年)、当地で富士山を望んだ北条政子により創建。
社殿は前方後円墳(全長約60m)である浅間神社古墳の後円部(径32m)上に立つ(なお、前方部は境内の背後である)。また本殿は戦後のRC建築ながら、珍しい浅間造。
明治の神仏分離までは東光院が別当寺であった。

社頭
多摩川浅間神社
参道
多摩川浅間神社

表参道沿いには、富士塚のように黒ボク(富士山の溶岩)が敷かれている。

多摩川浅間神社
神楽殿
多摩川浅間神社

神楽殿は昭和14年築。

展望台
多摩川浅間神社

展望台からは多摩川とその対岸の川崎市が見渡せる。

拝殿
多摩川浅間神社
社殿
多摩川浅間神社

社殿は戦後のRC建築で拝殿・幣殿・本殿を連結した権現造で、うち本殿(右側の建物)は珍しい浅間造。浅間造は富士山を信仰対象とする浅間社の総本社である富士山本宮浅間大社(富士宮市)の本殿形式で、重層となっている点に特色がある。

多摩川浅間神社の例大祭は6月上旬。3年毎の本祭の年には日曜日に宮神輿の渡御がある。

多摩川浅間神社 多摩川浅間神社HP
東京都大田区田園調布1-55-12 地図
アクセス:東急東横線・目黒線・多摩川線 多摩川駅より徒歩2分