慈眼寺

慈眼寺慈眼寺は、世田谷区の、東急田園都市線・大井町線の二子玉川駅より北へ徒歩13分の地にある真言宗智山派の寺院。鎌倉時代の徳治元年(1306年)、掘り出された降三世明王像を祀って創建。
現在の東京23区内の寺院では比較的珍しい楼門が再建されている。

楼門
慈眼寺

楼門は、現在の東京都区部の寺では比較的珍しい。屋根には鴟尾が乗る。

本堂
慈眼寺

本堂は戦後のRC建築。

釈迦堂
慈眼寺

明治の神仏分離令までは、隣の瀬田玉川神社の別当寺であった。

慈眼寺
東京都世田谷区瀬田4-10-3 地図
アクセス:東急田園都市線・大井町線 二子玉川駅より徒歩13分