常在寺

常在寺常在寺は、世田谷区の、東急世田谷線の世田谷駅より南へ徒歩8分の地にある日蓮宗の寺院。
室町時代の永正3年(1506年)創建。
境内は廻廊で囲まれ、地下庭園を備えるほか、小ぶりの木造五重塔も建立されている

山門
常在寺

山門は平唐門で、両脇から廻廊が伸びる。

境内
常在寺

参道両脇の植え込み内に地下庭園がある。

本堂
常在寺

本堂は平成14年築。室町時代の建築様式という。

本堂前の石庭風小庭
常在寺
地下庭園1
常在寺
地下庭園2
常在寺

境内の地下に庭園が造営されており、地上から覗き見ることができる。

五重塔
常在寺

永代供養五重塔は平成27年建立。京都醍醐寺の五重塔をモデルにサイズを1/6とした小ぶりのもの。

いぼとり地蔵尊
常在寺

山門から道路の反対側にあるいぼとり地蔵尊は、台座前の小石を借りてイボ(腫瘍)を撫で、快癒したら倍にして返すというもの。

常在寺 常在寺HP
東京都世田谷区弦巻1-34-17 地図
アクセス:東急世田谷線 世田谷駅より徒歩8分