蘆花恒春園

蘆花恒春園蘆花恒春園は、世田谷区の、京王線の八幡山駅より南西へ徒歩14分、または同線の芦花公園駅より南東へ徒歩14分の地に位置する、文豪の旧居を整備した庭園。厳密には都立公園「蘆花恒春園」の一角に旧居「恒春園」がある。
明治~大正期の文豪・徳冨蘆花(1868-1927年)の明治40年より住んだ旧宅が没後に東京市(現・東京都)に寄贈され昭和13年に公園として整備開園したもので、茅葺きの旧居が残り、東京都指定史跡となっている。

蘆花恒春園
母屋
蘆花恒春園

母屋は明治40年以前の築。なお、母屋と梅花書屋や秋水書院を繋ぐ廊下は明治44年以降の築。

梅花書屋
蘆花恒春園

梅花書屋は明治42年移築。

秋水書院
蘆花恒春園

秋水書院は明治44年築。

愛子夫人居宅
蘆花恒春園

愛子夫人居宅は昭和13年築。


園内には蘆花夫婦の墓もある。

蘆花恒春園
時間:9時-16:30(蘆花旧宅内・蘆花記念館は-16時) 料金:無料 休館日:年末年始
東京都世田谷区粕谷1-20-1 地図
アクセス:京王線 八幡山駅より徒歩14分/ 京王線 芦花公園駅より徒歩14分