松陰神社

松陰神社松陰神社は、世田谷区の、東急世田谷線の松陰神社前駅より北へ徒歩3分の地に鎮座する神社。戦前の社格は東京府(東京都)の府社。
明治維新の原動力となった思想家・教育家の吉田松陰(1830-1859年、祭神名は吉田寅次郎藤原矩方命)を、その墓所に祀って明治15年創建。
社殿は昭和初期に整備された端正なもので、松下村塾のレプリカもある。

表参道鳥居
松陰神社

表参道の鳥居は東日本大震災後に建て替えられた。

神楽殿
松陰神社

神楽殿は昭和7年築。

社務所と拝殿
松陰神社

社殿は昭和3年の、社務所は平成9年の築。境内には当時の毛利本家当主の毛利元昭や、松陰門下の伊藤博文・山縣有朋らが奉納した石燈籠32基が並ぶ。

拝殿
松陰神社
本殿
松陰神社

昭和3年築の社殿は拝殿と本殿を連結した権現造で、本殿は若干変則的な形状をしている。明治15年創建当時の社殿は現在は本殿の内陣として保存されている。

松下村塾模築
松陰神社

これは山口県萩市の松陰神社にある実物の松下村塾(幕末の1857年築・翌年増築)のレプリカ。昭和13年に国士舘専門学校・中学校に景松塾として複製されたものが昭和16年に当社に奉納された。
土日祝には雨戸が開けられる。

松陰先生他烈士墓所
松陰神社

吉田松陰らの墓所。吉田松陰は処刑された南千住より1863年に当地へ改葬された。手前の鳥居は明治元年に木戸孝允が奉納したもの。

本宮神輿
松陰神社

当社には宮神輿が2基ある。うち本宮は平成11年製作。

二宮神輿
松陰神社

もう一基の宮神輿は二宮神輿。

幕末維新祭り

例大祭は10月下旬で、幕末維新祭りと称して地元商店街を挙げて行われる。隔年で本宮神輿が、その他の年には二宮神輿が渡御するほか、音楽パレードや幕末志士・奇兵隊パレードなども毎年行われる。

宮神輿の渡御
瀬田玉川神社 例大祭
幕末志士+奇兵隊パレード
瀬田玉川神社 例大祭
松陰神社 松陰神社HP
東京都世田谷区若林4-35-1 地図
アクセス:東急世田谷線 松陰神社前駅より徒歩3分