玉川神社

玉川神社玉川神社は、東京都世田谷区の、東急大井町線の等々力駅より北東へ徒歩5分の地に鎮座する鎮守社。
室町時代の文亀年間(1501-1504年)に創建。旧称は熊野神社であったが、明治41年に村内の神明社・御嶽社・諏訪社を合祀した際に地名から玉川神社と改称。
大型の獅子山がある。

社頭
玉川神社
境内
玉川神社
社殿
玉川神社
玉川神社

社殿は拝殿・幣殿・本殿を連結した権現造で昭和15年築。

神楽殿
玉川神社
獅子山
玉川神社

獅子が千尋の谷に子を突き落とすという故事にちなむ獅子山で、神田明神のものと匹敵する規模。

神田明神
スポットガイド
神田明神 | 東京都千代田区
江戸の総鎮守

玉川神社の例大祭は9月中旬。
なお、明治の神仏分離までは、隣の満願寺が別当寺であった。

玉川神社
東京都世田谷区等々力3-27-7 地図
アクセス:東急大井町線 等々力駅より5分