品川神社

Shinagawa Jinja品川神社は、東京都品川区の、京急線新馬場駅より西へ徒歩2分の地にある、東海道品川宿の北品川の鎮守。明治初期に一時的に准勅祭社の制が定められた際には、その12社のうちの1つに列した(うち都区部にある10社は現在東京十社を名乗る)。
品川神社の現在の由緒では、文治3年(1187年)に源頼朝が安房国の洲崎神社を勧請して創建され、元応元年(1319年)には稲荷(宇賀之売命)を、文明10年(1478年)には牛頭天王を勧請したとする(後述の異伝も参照)。
北品川の鎮守である品川神社を「北の天王」、南品川の鎮守である荏原神社を「南の天王」とも通称し、6月上旬に開催される品川神社の例大祭を「北の天王祭」、荏原神社の祭礼を「南の天王祭」とも呼ぶ。

品川の宿場町
スポットガイド
品川の宿場町 | 東京都品川区
旧東海道第一の宿場。第二次大戦の戦禍を免れた寺社が比較的残る
荏原神社
スポットガイド
荏原神社 | 東京都品川区
端正な社殿の、品川宿南品川の鎮守
社頭
品川神社

左側にある富士塚(品川富士)の大きさがわかる。京急線の車窓からも良く見える。

一ノ鳥居
品川神社

一ノ鳥居は竜の彫刻が施された石鳥居。竜の彫刻がある石鳥居は杉並区の高円寺馬橋稲荷神社にもあり、合わせて東京三鳥居とも称する。高円寺と馬橋稲荷神社のものは品川神社の鳥居に倣ったもの。

高円寺
スポットガイド
高円寺 | 東京都杉並区
地名の元となった立派な禅寺
馬橋稲荷神社
スポットガイド
馬橋稲荷神社 | 東京都杉並区
龍の石鳥居の立つ整った神社
富士塚
品川神社

富士塚(品川富士)は高さ15mで、東京最大の富士塚。品川区の民俗文化財に指定されている。明治2年に築造され、国道の建設に伴い大正11年に移築された。
品川富士は、いつでも登ることができるが、7月上旬には、富士講の講員により山開きの行事が執り行われる(この行事も区の民俗文化財)。
富士塚の背後には浅間神社の社殿がある。

二ノ鳥居
品川神社

二ノ鳥居の奥には、三ノ鳥居と拝殿が続く。

社殿
品川神社

社殿は拝殿・幣殿・本殿で構成された権現造。
第二次世界大戦の戦禍を免れたが、戦後に鉄筋コンクリートで建て替えられた。

御獄神社
品川神社

御獄神社は、木曽御嶽山を祀る境内社。木曽御嶽塚とまで呼んでいいのかは不明だが、周囲は岩や木が配されている。

神楽殿
品川神社
祖霊社と忠魂碑
品川神社

砲弾型の忠魂碑は明治43年建立。

阿那稲荷社
品川神社

阿那稲荷社は上社(左)と下社(右)に分かれている。「阿那」は「穴」のことか。

阿那稲荷社下社
品川神社

下社の社殿内には3棟の小祠と、一粒萬倍の泉がある。一粒萬倍の泉は、ここで銭を洗うと万倍になるという霊水である。

板垣退助墓所
板垣退助墓所

拝殿の脇から本殿の後ろの通路を抜けると、板垣退助の墓が、夫人や若干の一族の墓とともにある。ここは昭和11年に世田谷区烏山に移転した高源院の敷地であった。品川区指定史跡。

高源院
スポットガイド
高源院 | 東京都世田谷区
浮御堂の映える烏山寺町の寺

創建伝承・祭神の異伝と、品川貴船神社との関係

冒頭で述べたように、品川神社の現在の由緒では、文治3年(1187年)に源頼朝が現・千葉県館山市の洲崎神社(天比理乃咩命)を勧請して創建され、元応元年(1319年)に稲荷(宇賀之売命)を、文明10年(1478年)に牛頭天王(素盞嗚尊)を勧請したとする。主神は天比理乃咩命である。
江戸時代の地誌『江戸名勝志』は牛頭天王は永享年間(1429-1441年)に勧請されたもので、洲崎明神または品川明神とも称するとするが、一方で江戸幕府編纂の『新編武蔵風土記稿』では当社は稲荷社であるとし、相殿に祇園・貴布禰を祀り、さらに東照宮をあわせて品川大明神と称するとする。品川神社自身による編纂の『品川と品川神社年表』には、1855年に幕府に北品川稲荷を品川大明神への改称を願い出たとしており、江戸時代には当社は稲荷社と認識されていたようである。
『新編武蔵風土記稿』によると、稲荷は文治3年(1187年)の、牛頭天王(祇園)は文明10年(1478年)の勧請で、貴布禰の勧請年は不詳であり、主神3柱の例祭は、稲荷は旧暦2月の初午、祇園の祇園祭は6月7日、貴布禰の貴布禰祭は9月9日であったとする。つまり、6月7日頃に開催される現在の例大祭は、「北の天王祭」の異名の通り、素盞嗚尊の祭礼ということである。また、品川神社に貴布禰と祇園が祀られていたとすると、南品川の鎮守である荏原神社とは性格がかなり近いことになる。
『新編武蔵風土記稿』では、9月9日の貴布禰祭では、品川の枝郷である三ツ木に鎮座する貴布禰社(現在の品川貴船神社)に神輿を送りそこから品川神社へ渡御する、とある。また本書の貴布禰社の項では、貴布禰社は現・荏原神社の旧鎮座地に建てられた神社で、神体は通常は現・品川神社に安置し、例祭日の9月9日に神輿で奉遷して祭祀した、とある。現在の品川神社の祭神に貴布禰明神に相当する神が見当たらないのは、品川貴船神社に分離されたからかも知れないが、それを示す資料は発見できなかった。


江戸時代は、巨刹だった東海寺の鎮守となっていった(この東海寺は明治維新で廃寺となり、現在の東海寺は、その子院が寺号を継承したもの)。

品川神社
東京都品川区北品川3-7-15 地図
アクセス:京急線 新馬場駅より徒歩2分

旧東海道品川宿には他に、善福寺法禅寺寄木神社東海寺清光院荏原神社海徳寺願行寺本光寺常行寺長徳寺天妙国寺品川寺海雲寺などがある。

品川の宿場町
スポットガイド
品川の宿場町 | 東京都品川区
旧東海道第一の宿場。第二次大戦の戦禍を免れた寺社が比較的残る
善福寺
スポットガイド
善福寺 | 東京都品川区
本堂に伊豆長八の鏝絵が残る
法禅寺
スポットガイド
法禅寺 | 東京都品川区
レンガ構造物の多い品川宿の浄土宗寺院
寄木神社
スポットガイド
寄木神社 | 東京都品川区
本殿に伊豆長八の鏝絵が残る
東海寺
スポットガイド
東海寺 | 東京都品川区
品川宿にあった巨刹の名跡を継ぐ寺
清光院
スポットガイド
清光院 | 東京都品川区
大規模な大名墓地が残る品川宿の禅寺
荏原神社
スポットガイド
荏原神社 | 東京都品川区
端正な社殿の、品川宿南品川の鎮守
海徳寺
スポットガイド
海徳寺 | 東京都品川区
砲身も安置された、品川宿の整った寺
願行寺
スポットガイド
願行寺 | 東京都品川区
品川宿のしばられ地蔵の寺
本光寺
スポットガイド
本光寺 | 東京都品川区
三重塔と多宝塔が立つ品川宿の寺
常行寺
スポットガイド
常行寺 | 東京都品川区
江戸期の本堂も残る、品川宿の天台宗宗寺院
長徳寺
スポットガイド
長徳寺 | 東京都品川区
閻魔像もある、品川宿の時宗寺院
天妙国寺
スポットガイド
天妙国寺 | 東京都品川区
庭園も備えた、品川宿にある法華宗の名刹
品川寺
スポットガイド
品川寺 | 東京都品川区
9月に火渡りも行われる、真言宗醍醐派の別格本山
海雲寺
スポットガイド
海雲寺 | 東京都品川区
三宝荒神を祀る事で知られる品川宿の曹洞宗寺院