明治神宮外苑

Gaien明治神宮外苑は、東京都の港区と新宿区に跨って存在する、明治神宮のもう一つの境内。JR中央線の信濃町駅より徒歩1分。
明治神宮は、大正9年(1920年)に、明治天皇とその正后である昭憲皇(太)后を祀るため創建された、記念を目的として建てられた新しいタイプの神社であり、明治という時代を体現する天皇を象徴するように、伝統的な祭祀空間である内苑(社殿のある境内)と、近代的(西洋的)な公園空間である外苑が設けられた。通常、単に「明治神宮」と呼んだ場合は内苑を指す。
外苑は大正15年(1926年)の完成で、聖徳記念絵画館とスポーツ施設を主とし、神社の雰囲気はほとんど感じられない、開放的な洋風空間である。大正15年建造の聖徳記念絵画館は国の重要文化財。

銀杏並木と聖徳記念絵画館
明治神宮外苑

青山口から聖徳記念絵画館へと続く絵画館前通りには、江戸城外濠の石材で築いた石塁と、開園当初からの銀杏並木4列146本がある。今はこの通りと絵画館の間は運動施設となっており、直線的に繋がってはいないが、かっては直通していた。

聖徳記念絵画館
聖徳記念絵画館
聖徳記念絵画館

聖徳記念絵画館は国指定重要文化財。明治天皇の生涯を描いた絵画群を展示する。
また、神宮外苑の車道には、大正15年に日本最古の車道用アスファルト舗装が施されたが、聖徳記念絵画館前通りはその舗装がそのまま残り、土木学会推奨土木遺産となっている。

角池
聖徳記念絵画館

聖徳記念絵画館前の角池は重文の聖徳記念絵画館に附指定されている。

丸池
明治神宮外苑

イチョウ並木の北端近くにある丸池も重文の聖徳記念絵画館に附指定されている。

葬場殿趾円壇
明治神宮外苑

聖徳記念絵画館の背後にある葬場殿趾円壇も重文の聖徳記念絵画館に附指定されている。

建国記念文庫
明治神宮外苑

建国記念文庫は奄美の高床式倉庫を移築したもの。

野球場
明治神宮外苑

野球場は大正15年建造だが改造が大きい。2020年以降、再開発で解体予定。

その他、青山口(南端の入口)と内外苑連絡道路口(北西の入口)には江戸城外濠の石材で築いた石塁がある。
また、樺太日露国境天測標のレプリカもある。

銀杏並木の紅葉

銀杏並木
銀杏並木
銀杏並木

銀杏並木146本も外苑の竣工当初からのものである。
銀杏並木が色づく11月末~12月初旬頃、多くの見物客が訪れる。この頃は、いちょう祭りも開かれ、並木の奥には模擬店などが出てイベントなども催される。


明治神宮外苑 明治神宮外苑HP
東京都新宿区霞ケ丘町、港区北青山1~2丁目 地図
最寄り駅:JR中央線 信濃町駅より徒歩1分
この場所周辺のエリアガイド

明治記念館

本館は明治14年に建造された赤坂仮皇居の御会食所が、伊藤博文邸への移築を経て再移築されたものである。現在は結婚式場や会議場、レストランなどに使用されている。

明治記念館
明治記念館
明治記念館 明治記念館HP
東京都港区元赤坂2-2-23 地図
最寄り駅:JR信濃町駅
この場所周辺のエリアガイド