柏の宮公園 日本庭園

柏の宮公園 日本庭園柏の宮公園は、杉並区の、京王井の頭線の浜田山駅より南へ徒歩8分の地にある公園(「柏の宮」の地名は近くにある下高井戸八幡神社に由来)。柏の公園は日本興行銀行のグランドを区が取得して平成16年に開園した公園で、その一角には小規模な日本庭園がある。
この日本庭園にある茶室「林丘亭」は、若狭小浜藩主酒井家の江戸下屋敷より伝来すると伝える。

柏の宮公園 日本庭園
柏の宮公園 日本庭園
柏の宮公園 日本庭園
柏の宮公園 日本庭園
林丘亭
柏の宮公園 日本庭園

林丘亭は、江戸初期の寛永年間(1624-1645年)、若狭小浜藩主酒井忠勝が、新宿区にあった江戸下屋敷に、小堀遠州に造営させた「峰の茶屋」と伝え、日本興業銀行が昭和34年に当地に移築して林丘亭と命名された。書院造の茶室で、江戸末期には水屋や点前席が増築された。
なお、現在では茶室利用者以外はあまり近づけないようになっている(この写真はそうなる前のもの)。

柏の宮公園 日本庭園
時間:9-17時 料金:無料 休園日:年始年末
東京都杉並区浜田山2-5-1 地図
アクセス:京王井の頭線 浜田山駅より徒歩8分