浅草鷲神社

Otori Jinja浅草鷲神社は、東京都台東区の、東京メトロ日比谷線の入谷駅より東へ徒歩6分の地にある神社。
浅草鷲神社の社伝では景行天皇の代(西暦110年頃)に、日本武尊が天日鷲命を祀る当社に参拝したとする(つまり創建はそれ以前に遡る)。一方、隣にある旧別当寺長国寺の寺伝では、鎌倉時代の文永2年(1265年)11月の酉の日、宗祖日蓮が現・鷲山寺(千葉県茂原市)の地で祈願中、鷲妙見大菩薩(鷲大明神)が顕現したのでその地で祀られ、江戸時代の明和8年(1771年)に長国寺に勧請されたとする。
11月に開催される酉の市は、東京を中心に各地で催される酉の市の中で最も有名で大規模とされる。

社頭
浅草鷲神社

社頭には年中、巨大な飾り熊手が飾られている。

一ノ鳥居
浅草鷲神社
社殿
浅草鷲神社

初詣

初詣では、年末からの茅の輪が置かれているほか、社頭には竹に大型の絵馬を複数ぶら下げた飾りも置かれていた。

初詣
浅草鷲神社 初詣
浅草鷲神社 初詣

餅つき大会・七草粥

1月7日頃の餅つき大会・七草粥では、餅や七草粥が無料で振る舞われるほか、鷲舞いや大道芸が奉納される。

餅・七草粥の振る舞い
浅草鷲神社 餅つき・七草粥
鷲舞い
浅草鷲神社 餅つき・七草粥

なお、この鷲舞いは餅つき大会・七草粥のほか、節分や酉の市でも披露される。

浅草鷲神社 浅草鷲神社HP
東京都台東区千束3-18-7 地図
アクセス:東京メトロ日比谷線 入谷駅より徒歩8分
この場所周辺のエリアガイド

長国寺

長国寺は法華宗本門流の寺院。江戸時代初期の寛永7年(1630年)に創建され、寛文9年(1669年)に現在地に移った。
浅草鷲神社の隣にあり、明治維新まではその別当寺を務めた。長国寺においても、酉の市が同時開催される。

長国寺
長国寺

いきいきあじさい祭

6月中旬頃、長国寺では、いきいきあじさい祭として、様々な品種のアジサイが展示・販売される。この行事に関する詳細は「長国寺 いきいきあじさい祭」の記事を参照。

いきいきあじさい祭
長国寺 いきいきあじさい祭
長国寺 長国寺HP
東京都台東区千束3-19-6 地図
アクセス:東京メトロ日比谷線 入谷駅より徒歩8分

酉の市

酉の市は、11月の酉の日に催される、縁起物の飾り熊手を売る市。熊手には運や福を掻き集めるなどの意味が込められている。11月には酉の日が2日ある年と3日ある年があるため、酉の市も2回催される年と3回催される年がある。浅草の浅草鷲神社の酉の市は、各地で立つ酉の市の中で最も有名で、非常に混雑する。また隣の長国寺でも酉の市が同時開催される。この行事に関する詳細は「浅草鷲神社・長国寺 酉の市」の記事を参照。

酉の市
浅草鷲神社
浅草鷲神社