玉姫稲荷神社

tamahime-inari玉姫稲荷神社は、東京都台東区の、JR常磐線・東京メトロ千代田線の南千住駅より南東へ徒歩13分の地にある神社。天平宝字4年(760年)に勧請。社殿は第二次世界大戦で戦災焼失したため戦後に再建されたものだが、立派な木造の社殿である。
周囲は皮革産業が地場産業で、4月と11月には靴をはじめとする皮革関連商品を商う市が当社の境内に立ち、古靴供養や靴御輿の渡御もある。
例大祭は6月上旬で、宮神輿の渡御がある本祭は4年に一度。

表参道鳥居
玉姫稲荷神社
拝殿
玉姫稲荷神社
社殿
玉姫稲荷神社

社殿は拝殿・幣殿・本殿を連結した権現造。戦後の昭和27年に再建されたものだが、木造の立派なもの。
なお、戦前の社殿は第二次大戦で戦災焼失し、現在の社殿を再建するまで一時的に小学校の奉安殿を社殿にしていたというが、今も保存されているかはあまり期待できないだろう。

八神殿
玉姫稲荷神社

八神殿は8社(白山神社、八幡神社、八坂神社、春日神社、金刀比羅神社、松尾神社、天祖神社、王子神社)を合祀した境内末社。玉姫稲荷本社の拝殿のように、大型で緩やかな唐破風の向拝。

口入稲荷神社
玉姫稲荷神社

境内社口入稲荷神社の前の鳥居は、扉と一体化した一種の変則鳥居。

口入稲荷神社本殿
玉姫稲荷神社

口入稲荷神社の本殿の下部には稲荷の塚がある。

南参道鳥居
玉姫稲荷神社

南参道の鳥居もまた、扉や柵と一体化した一種の変則鳥居。

こんこん靴市、靴のめぐみ祭り市

玉姫稲荷神社がある一帯は皮革産業が盛んな地で、4月の最終土日曜には「こんこん靴市」が、11月の最終土日曜には「靴のめぐみ祭り市」という名の、靴を中心としたハンドバッグやベルトなどの皮革製品を格安販売する市が、境内及びその周辺に立つ。どちらの市でも、古靴の供養にお焚き上げが行われ、靴神輿も渡御する。この行事に関する詳細は「玉姫稲荷神社 こんこん靴市,靴のめぐみ祭り市」の記事を参照。

境内に立つ靴市
玉姫稲荷神社
靴神輿の渡御
玉姫稲荷神社
玉姫稲荷神社
東京都台東区清川2-13-20 地図
アクセス:JR常磐線・東京メトロ千代田線 南千住駅より徒歩13分
この場所周辺のエリアガイド