八王子城跡

八王子城跡八王子城跡は、東京都八王子市の、JR中央線・京王線の高尾駅より北西へ車10分に位置する中世山城跡。後北条氏の本城である小田原城の支城。国指定史跡で、日本100名城にも選定されている。
北条氏康の三男・氏照により天正10年(1582年)頃より城山(460m)に築城が開始され、同15年(1587年)頃には氏照が滝山城より移ってその居城とするが、同18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐に際して落城し、廃城となった。
山頂の要害区、中腹の居館地区、麓の根小屋地区(城下町)で構成されている。

八王子城模型
八王子城跡

八王子城の全体模型は登山口駐車場近くにある。

根小屋地区

根小屋地区は、八王子城が築城された城山の東側の麓に広がる城下町で、家臣団の屋敷や寺院があった地区。現在は民家や寺がある。

根小屋地区と城山
八王子城跡

奥に見える城山の山頂付近に、城の要害区(本丸など)があった。

北条氏照墓
八王子城跡

八王子城を築いた城主北条氏照は落城時は小田原城に居たが、降伏後に切腹した。この墓は江戸時代建立の供養塔。家臣の墓とともに東京都指定旧跡。

居館地区

居館地区は、城山の中腹に設けられた、大手門や虎口、御主殿などがあった地区。

大手道
八王子城跡
曳橋
八王子城跡

攻められた際には曳橋を壊して侵入を阻んだとされる。ただし当時の橋の正確な場所や構造は不明で、現在の曳橋は観光道として整備されたもの。

御主殿虎口
八王子城跡

御主殿曲輪への虎口(入口前の道)にはかっては櫓門も立っていた。

御主殿曲輪
八王子城跡
八王子城跡

御主殿曲輪には主殿(城主・北条氏照の居館)や会所(宴会場などに利用)、庭園などがあった。

御主殿の滝
八王子城跡

落城の際、武将や婦女子らがこの滝の上で自刃し滝に身を投じたと伝える。

要害地区

要害地区は、城山(460m)山頂付近に設けられた、城郭で最重要な本丸などの曲輪の跡。また地名「八王子」の語源となった八王子神社も鎮座する。中腹の駐車場からは徒歩でのアプローチとなり、所要時間は30~40分ほど。

八王子神社一ノ鳥居
八王子城跡

要害地区への登山道は八王子神社の参道を兼ねており、鳥居が登山道沿いに2基立つ。

登山道
八王子城跡
小宮曲輪
八王子城跡

小宮曲輪の別名は三の丸、一庵曲輪。

松木曲輪
八王子城跡

松木曲輪の別名は中の丸、二の丸。

本丸
八王子城跡

山頂の本丸は城の中心で、最も重要な曲輪。祠には牛頭天王が祀られている。

八王子神社

本丸直下には地名「八王子」の語源となった八王子神社が祀られている。山頂に延喜13年(913年)に顕現した牛頭天王とその8王子を、同16年(916年)に祀って創建。八王子城築城後はその守護神として尊崇された。鳥居は山頂へと至る登山道兼参道沿いに2基ある。

本殿覆屋(奥)と横地社(手前)
八王子神社

手前の祠は、八王子城落城時の城代横地監物吉信を祀る横地社。

本殿
八王子神社

本殿は江戸末期築。

神楽殿
八王子神社
天狗像
八王子神社
八王子城跡
[ガイダンス施設] 時間:9-17時 料金:無料 休館日:年末年始
東京都八王子市元八王子町3丁目 地図
アクセス:JR中央線・京王線 高尾駅より車10分