高幡不動尊(金剛寺)

高幡不動尊(金剛寺)高幡不動尊(金剛寺)は、東京都日野市の、京王線・多摩モノレールの高幡不動駅より西へ徒歩2分に位置する、真言宗智山派の別格本山。関東三大不動の一つを名乗る、東京の市町村部では最も有名な寺社の一つ。
平安時代の9世紀に慈覚大師円仁が勅を奉じて不動堂を建立のに始まるが、大宝年間(701-704年)以前の草創で奈良時代の行基の開基とも伝える。
広い境内には堂宇が充実しているが、うち不動堂と仁王門は国の重要文化財、旧五部権現社殿は都指定文化財となっている。また紫陽花や紅葉の名所でもある。

仁王門
高幡不動尊(金剛寺)

仁王門は室町後期の建立。国指定重要文化財

仁王門内
高幡不動尊(金剛寺)

正面は不動堂、右手は宝輪閣(お札所)。

不動堂
高幡不動尊(金剛寺)

不動堂は南北朝期の1342年に山中より麓へ移築されたもの。国指定重要文化財

五重塔
高幡不動尊(金剛寺)

五重塔は昭和55年にRC造で建立。

奥殿
高幡不動尊(金剛寺)

奥殿は文化財の収蔵・展示施設。

上杉堂
高幡不動尊(金剛寺)

1455年に立川河原で敗戦し当寺で自刃した上杉憲顕(上杉憲秋?)の墳墓。

山門
高幡不動尊(金剛寺)
大日堂(本堂)・大玄関
高幡不動尊(金剛寺)
旧五部権現社殿
高幡不動尊(金剛寺)

旧五部権現社殿は江戸前期の1671年築で、東京都指定有形文化財
1056年に八幡杜を寺の鎮守として勧請し、後に稲荷・丹生・高野・清龍権現を合祀して五部権現となった。

聖天堂・大師堂と五重塔
高幡不動尊(金剛寺)
鐘楼
高幡不動尊(金剛寺)
弁天池と弁天堂
高幡不動尊(金剛寺)
山内八十八ケ所巡拝路
高幡不動尊(金剛寺)

境内の左側に立つ山には四国八十八ケ所霊場の巡拝路が設けられている。また6月にはアジサイ、紅葉の名所となる。

年中行事

高幡不動尊では、年間を通じて様々な行事が行われる。1月28日の初不動大祭・だるま市、2月3日の節分豆撒式・だるま市、4月28-29日の春季大祭国宝まつり、6月のあじさいまつり、9月28日の秋季大祭、10-11月の菊まつり、11月のもみじまつりなどが比較的規模が大きい。

菊まつり
高幡不動尊(金剛寺)
高幡不動尊(金剛寺)
高幡不動尊(金剛寺) 公式HP
東京都日野市高幡733 地図
アクセス:京王線・多摩モノレール 高幡不動駅より徒歩2分