本田家住宅

本田家住宅本田家住宅は、JR南武線の谷保駅より南東へ徒歩6分の地に位置する、甲州街道沿いの江戸期の古民家。本田家は江戸時代は名主・医者を務めていた家柄で、その旧居の主屋と薬医門は国登録有形文化財となっている。
10月末~11月初旬に催される東京文化財ウィークで公開。

全景
本田家住宅
薬医門
本田家住宅

薬医門は江戸後期の築。国登録有形文化財

主屋
本田家住宅

主屋は1731年以前の築で、1849年に増築があった。国登録有形文化財
なお、住宅の敷地そのものも国立市登録史跡である。

本田家住宅
東京都国立市谷保5122 地図
アクセス:JR南武線 谷保駅より徒歩6分