小野神社

小野神社小野神社は、東京都多摩市の、京王線の聖蹟桜ヶ丘駅より西へ徒歩7分の地にある鎮守社。
第3代安寧天皇の治世18年(BC531年)に、武蔵国開拓の祖神である天下春命を祀って創建されたと伝える。
さいたま市の大宮氷川神社(や氷川女体神社)と共に、武蔵国(現在の東京都、埼玉県、神奈川県東部)の一宮とされる。

表参道鳥居
小野神社
随神門
小野神社
南門
小野神社
随神門内
小野神社
拝殿
小野神社

拝殿は昭和2年築。

本殿
小野神社

本殿も昭和2年築。

武蔵国一宮について

現在、武蔵国の一宮とされるのは、通常は小野神社とさいたま市の大宮氷川神社である。
南北朝期の『神道集』は小野神社が一宮で大宮氷川神社は三宮とし、室町後期の『大日本国一宮記』では大宮氷川神社が一宮とする。
現在では、当初は小野神社が一宮で、後に大宮氷川神社が一宮となったとする考えが多いようだ。
『中世諸国一宮制の基礎的研究』によると、大宮氷川神社はその社伝において崇神天皇または聖武天皇の代に一宮となったとするものの、実際は戦国時代から一宮を名乗り始めたとの見解を示している。
また江戸時代の『新編武蔵風土記稿』や『武蔵名勝図会』では、かって武蔵国が三分(无邪志国・胸刺国・知々夫国)されていた当時は小野神社・大宮氷川神社・秩父神社が各々の一宮だったが、大宝期に三国が合併して武蔵一国となった際に小野神社が一宮になったとする(うち无邪志国と胸刺国は実際は同一の国だったとする説もある)。
また『続 府中の風土記』は、出典は不明だが、武蔵国の一宮(朝廷の神社行政)と武蔵六所宮の一宮(国司の神社行政)とは元来別で国一宮の方が上位だと記す(なお、本書においては、府中市の小野神社にも武蔵国一宮説があるかのように記してある)。
なお、さいたま市の氷川女体神社も武蔵国一宮とされることがある。江戸期に書かれた縁起などでは、白鳳4年(7世紀後半)に勅命で武蔵国一宮になったとする。


小野神社の例大祭は9月中旬に催され、毎年、当社に所蔵されている宮神輿が渡御する。

小野神社 公式HP
東京都多摩市一ノ宮1-18-8 地図
アクセス:京王線 聖蹟桜ヶ丘駅より徒歩7分

府中市の小野神社

上述の多摩市の小野神社は多摩川の南側にあるが、北側にある府中市にも同名の神社がある。
延喜式神名帳(平安時代の官社のリスト)には「小野神社」の記載があり、これが多摩市のと府中市のどちらの小野神社が該当するのか(式内社であるのか)諸説ある。『武蔵国式内社の歴史地理』には、江戸期は府中市の社が、明治以降は多摩市の社が有力とされたとある。
また『特別展 武蔵国一之宮 多摩市一ノ宮小野神社の変遷』によると、府中市の小野神社側には戦災や水災で府中市から多摩市へ小野神社が遷座した伝承があるが、多摩市の小野神社側にはそのような遷座の伝承はないという。
また何時かは不明だが大国魂神社に合祀されたとの社伝もあると江戸期の地誌『武蔵名勝図会』にはある。
なお、『続 府中の風土記』では、当社は式内社説があるだけでなく、武蔵国一宮説もあるとする(が他書には見えない)。

鳥居
小野神社
社殿
小野神社

本殿は幕末の1841年、拝殿は大正13年の築。

小野神社
東京都府中市住吉町3-19-3 地図