千葉寺

千葉寺千葉寺(せんようじ)は、千葉県千葉市の、京成電鉄千原線の千葉寺駅より北へ徒歩9分の地に位置する、真言宗豊山派の寺院。著名な巡礼霊場である坂東三十三観音霊場の第29番札所。
飛鳥時代の和銅2年(709年)に行基が創建したと伝える、千葉市最古の寺院で、市の史跡に指定されている。

山門
千葉寺

山門は1841年築。

本堂
千葉寺

本堂(観音堂)は昭和51年築。

本坊
千葉寺
大師堂
千葉寺

大師堂は文政年間(1818-1830年)の築。

鐘楼
千葉寺

鐘楼は文政年間(1818-1830年)の築。

イチョウ
千葉寺

イチョウは創建翌年の710年に植えられたと伝える。千葉県指定天然記念物

瀧蔵神社
千葉寺

境内の一角にある瀧蔵神社は千葉寺の旧鎮守社。明治維新時の神仏分離で千葉寺から独立した。

千葉寺
千葉県千葉市中央区千葉寺町161 地図
アクセス:京成電鉄千原線 千葉寺駅より徒歩9分