金鑚神社

金鑚神社金鑚(かなさな)神社は、埼玉県本庄市の、JR高崎線の本庄駅より北西へ徒歩17分の地に位置する、中山道本庄宿の総鎮守。戦前の社格は県社
景行天皇40~43年(西暦110~113年)の日本武尊の東征で尊が滞在した跡に、欽明天皇2年(541年)に創建。
境内には色鮮やかな社殿や神楽殿が立つ。

社頭
金鑚神社

表参道の奥に見えるのは大門。

大門
金鑚神社

大門は江戸後期の1814年、別当寺であった百蓮寺の総門として建立されたもの。本庄市指定有形文化財。

拝殿と手水舎
金鑚神社

大門の手前を左に曲がると社殿がある。手水舎は明治37年改築。

拝殿
金鑚神社
本殿
金鑚神社

彩色彫刻が鮮やかな社殿は、1724年築の本殿と1778年築の拝殿を、1850年築の幣殿で連結した権現造。埼玉県指定有形文化財

神楽殿
金鑚神社

神楽殿は1824年築。

金比羅神社
金鑚神社
八坂神社
金鑚神社

覆屋内に収まる八坂神社の本殿は、壁面全面に彫刻が嵌め込まれている。

秋葉社
金鑚神社

秋葉社の社殿は若干変則的な形状。

旧社務所
金鑚神社

旧社務所は明治44年築。

カヤ(左)とクスノキ(右)
金鑚神社

カヤは1639年献木で本庄市指定天然記念物。クスノキは1639年献木で埼玉県指定天然記念物

本庄まつり

本庄まつりは11月2~3日に渡って催される金鑚神社の秋季大祭で、県内の秋祭りでも有名なものの一つ。宮神輿の巡行のほか、壮麗な人形山車10基(うち8基は市指定文化財)が町を曳き回される。


近くの仏母寺は、明治維新で一旦廃寺となった別当寺・白蓮寺を再興したもの。

仏母寺
スポットガイド
仏母寺 | 埼玉県本庄市
金鑚神社の旧別当寺
金鑚神社
埼玉県本庄市千代田3-2-3 地図
アクセス:JR高崎線 本庄駅より徒歩17分
本庄
エリアガイド
本庄 | 埼玉県
埼玉最後の中山道の宿場町