東京工業大学の近代建築

東京工業大学東京工業大学の大岡山キャンパスは、東京都大田区の、東急目黒線・大井町線が乗り入れる大岡山駅の前に広がる広大なキャンパス。このキャンパスは北部は目黒区に、南部は大田区に属するが、大田区域には昭和戦前期の校舎が数棟残る(全て東京工業大学と改称して以降のもの)。

本館
東京工業大学
東京工業大学

大岡山東地区にある本館は国登録有形文化財。昭和9年築の鉄骨鉄筋コンクリート造。

大岡山西1号館
東京工業大学

同じく大岡山東地区にある大岡山西1号館は国登録有形文化財。昭和6年に分析化学実験室として建造された鉄筋コンクリート建築。

大岡山南実験棟2
東京工業大学

大岡山南地区にある大岡山南実験棟2は昭和11年築。

石川台2号館
東京工業大学

石川台地区にある石川台2号館は昭和13年築。

石川台実験棟1
東京工業大学

石川台地区にある石川台実験棟1は昭和11年築。石川台2号館の裏にある。


東京工業大学は明治14年(1881年)に東京職工学校として台東区の蔵前に設立されたのを嚆矢とし、同23年に東京工業学校、同34年に東京高等工業学校と改称。さらに関東大震災後を契機に大正13年に現在地へと移転し、昭和4年に東京工業大学に改組した。現存する校舎は全て東京工業大学と改称して以降のものである。

東京工業大学 大岡山キャンパス
東京都大田区石川町1-31-1 地図
アクセス:東急目黒線・大井町線 大岡山駅より徒歩1分
大田区
エリアガイド
大田区 | 東京都
都区部の最南端。蒲田、羽田、田園調布など