鳩森八幡神社

Hatonomori Hachiman鳩森八幡神社は、東京都渋谷区の千駄ヶ谷に鎮座する鎮守社。JR総武線の千駄ヶ谷駅、都営大江戸線の国立競技場駅、東京メトロ副都心線の北参道駅より各徒歩5分に位置する。
創建年代は、奈良時代の神亀年間(724-729年)説と平安時代の貞観2年(860年)説がある。
境内は整っており、東京都指定有形民俗文化財の富士塚や将棋堂がある。

表参道鳥居
鳩森八幡神社
拝殿と手水舎
鳩森八幡神社
幣殿・本殿
鳩森八幡神社

社殿は拝殿・幣殿・本殿で構成された権現造で平成5年竣工。

能舞台
鳩森八幡神社

氏子地域には能の殿堂である国立能楽堂もあり、当社でも折りに触れ能が奉納される。

将棋堂
鳩森八幡神社

将棋堂は、小規模で比較的新しい建築ながら、神社には珍しい六角堂。当社の隣には将棋会館(日本将棋連盟の東京本部)があり、将棋堂内にはその日本将棋連盟から奉納された大駒がある。毎年1月5日に連盟が参列して将棋堂祈願祭が行われる。また、夏には大山15世名人記念将棋大会も催される。

千駄ケ谷富士塚
鳩森八幡神社

千駄ケ谷富士塚は1789年築造で東京都指定有形民俗文化財。通年登拝可能。冨士浅間社の里宮と奥宮の石祠が鎮座し、6月3日には山開き(例大祭)が行われる。当社の富士塚は唯一の都道府県指定文化財の富士塚であり、文化財の格としては国指定文化財の富士塚(東京に3基、埼玉に2基あり)に次ぐもの。
土を盛り上げ、その上層部のみに黒ボク石(富士山の溶岩)を配置し、土の露出部分には熊笹を植えている。麓には富士五湖に擬した池があり、現在は菖蒲池になっている。このように麓に富士五湖を模した池を造るのは江戸の富士塚の基本形だったのだが、ほとんど現存しない。身禄入定窟や烏帽子岩なども再現されているが、これらはさほど珍しくない。金明水・銀明水に擬したものもあるが、これは珍しいのではないか。

西参道
鳩森八幡神社

例大祭

鳩森八幡神社の例大祭は、9月中旬に執り行われる。町神輿の連合渡御は3年ごとに催される。また夜には薪能が奉納される。この行事に関する詳細は「鳩森八幡神社 例大祭」の記事を参照。

鳩森八幡神社 例大祭
イベントガイド
鳩森八幡神社 例大祭 | 東京都渋谷区
9月開催。3年毎に町神輿が連合渡御。薪能は毎年
鳩森八幡神社 例大祭
鳩森八幡神社例大祭
鳩森八幡神社 例大祭

明治の神仏分離までは、近くの瑞円寺が当社の別当寺であった。

鳩森八幡神社 公式HP
東京都渋谷区千駄ケ谷1-1-24 地図
アクセス:JR総武線 千駄ヶ谷駅より徒歩5分/ 都営大江戸線 国立競技場駅より徒歩5分/ 東京メトロ副都心線 北参道駅より徒歩5分
渋谷区
エリアガイド
渋谷区 | 東京都
渋谷・代々木・表参道など