戸越公園

戸越公園戸越公園は、東京都品川区の、東急大井町線の下神明駅より西へ徒歩5分の地にある回遊式庭園の公園。江戸時代初期に熊本藩主細川家の下屋敷が東海道五十三次の風景を模した庭園を整備し、以後転々としたのち明治には三井家の別邸となり、昭和に入って東京市が公園整備した。

公園正門
戸越公園

公園北側にある正門は薬医門形式で、平成4年に復元された。正門のほか、公園の東側には同時期に建立された冠木門も立つ。

園内
戸越公園
戸越公園
戸越公園

戸越公園は第二次世界大戦中に高射砲陣地となり、また戦後には池が縮小されたりしたため、熊本藩主細川邸以来の東海道五十三次の風景は失われた。

熊本藩細川家下屋敷模型
品川歴史館

品川歴史館には、江戸時代の熊本藩細川家下屋敷の模型がある。

品川歴史館
スポットガイド
品川歴史館 | 東京都品川区
品川区の歴史と民俗の資料館

戸越公園の沿革

寛文2年(1662年)に、熊本藩支藩の熊本新田藩藩主細川利重が幕府から拝領。同6年に本家である熊本藩藩主細川綱利が白金屋敷と交換してその下屋敷の用地とし、同11年(1671年)に「戸越屋敷」を整備。そこに東海道五十三次の風景を模した庭園を造った。その後は、天明4年(1784年)に曾根準之助の手に渡って以来、大茶人で松江藩主の松平治郷(不昧)、羽後上山藩主松平家、伊予松山藩主久松松平家と転々とし、また明治以降は久松伯爵家(旧松山藩主家)、吉井幸蔵伯爵、彫刻家の堀田瑞詳などの所有を経て、明治23年(1890年)に三井家の所有となった。三井家は更に隣接地を買収後、その敷地の一部を昭和7年(1932年)に当時の荏原町に寄付、荏原町は東京市に合併され、東京市が昭和10年(1935年)に戸越公園として開園。東京市は東京府と合併して東京都になるが、昭和25年には東京都から品川区に移管された。

緑と花のフェスティバル

戸越公園では毎年4月に緑と花のフェスティバルが催され、ステージショーや模擬店、盆栽展示、植木市などが行われる。

緑と花のフェスティバル
戸越公園
戸越公園
戸越公園
東京都品川区豊町2-1-30 地図
アクセス:東急大井町線 下神明駅より徒歩5分
品川区
エリアガイド
品川区 | 東京都
港区の南隣り。大崎、大井町など

戸越公園の近くには戸越八幡神社がある。

戸越八幡神社
スポットガイド
戸越八幡神社 | 東京都品川区
戸越公園近くの整った神社